★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

白髪

2013年10月23日【水】09時42分48秒
私も、それなりに白髪が生える年齢になった。
目につかない内側には、結構白髪が見つかる。
表面にも何本かみつかるのだが、一本でもやたらと目立つのは何故だろうか。
写真を撮ると、一本の白髪が自己主張するように、やたらと光って見える。
「おのれ小癪な!」
最近の写真はデジタルなので、私は黒く塗りつぶして反撃する。
しかし敵もさるもので、何故か白髪だけが太く、そして他の黒髪と行動を共にしない。
白髪だけが跳ねてみたり、別の方向に伸び進もうとする。
何故なのだろうか。
「坊やだからさ」
そんな台詞が頭をよぎる。
なるほど、年をとって生え始める白髪は、髪の中ではまだ若造なのだ。
子供に規律を教えるのはこれからということか。
私は髪を説いて、ちゃんと決められた任務を全うするようにクシで指揮を振るうのだった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト