★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
ネトマガ
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • 情報基地
  • 随筆&詩
  • タイトル
  • 川柳ノ歌
--サイト運営者より告知--
2022年2月16日【水】14時07分52秒
syuka.com】では
サイト管理にcookieを使用しています。
2022年1月16日【日】18時18分34秒
【告知】10年くらい前に書いたリア充RPGをこちらにもアップしましたw
2021年12月27日【月】08時34分33秒
【告知】こちらに座右の銘とネタ座右の銘を移動してきました。
2020年5月14日【木】16時24分38秒
【告知】サイト運営継続の為、xcoinによる投げ銭をお願いします。
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--サイト運営者お勧めリンク--
【Amazon】日本人が知らない近現代史の虚妄 江崎道朗
【Amazon】ウルトラマンの伝言 日本人の守るべき神話 倉山満
【Amazon】嘘だらけの池田勇人 倉山満
【Amazon】無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和 渡瀬裕哉
【Amazon】日本分断計画 中国共産党の仕掛ける保守分裂と選挙介入 上念司
【Amazon】緒方竹虎と日本のインテリジェンス 江崎道朗
【Amazon】救国のアーカイブ 公文書管理が日本を救う 倉山満
【Amazon】誰もが知りたいQアノンの正体 みんな大好き陰謀論 内藤陽介
【Amazon】米国共産党調書 外務省アメリカ局第一課作成 江崎道朗
【Amazon】教科書では絶対教えない 偉人たちの日本史 倉山満
【Amazon】世界はいつでも不安定 - 国際ニュースの正しい読み方 - 内藤陽介
【Amazon】史上最強の平民宰相 原敬という怪物の正体 倉山満
【Amazon】新装版 お役所仕事の大東亜戦争 (いまだに自立できない日本の病巣) 倉山満
【Amazon】ウッドロー・ウィルソン 全世界を不幸にした大悪魔 倉山満
【Amazon】税金下げろ、規制をなくせ 日本経済復活の処方箋 渡瀬裕哉
【Amazon】米中ソに翻弄されたアジア史 宮脇淳子 江崎道朗 福島香織
【Amazon】日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史 内藤陽介
【Amazon】2020年大統領選挙後の世界と日本 “トランプ or バイデン" アメリカの選択 渡瀬裕哉
【Amazon】保守とネトウヨの近現代史 倉山満
【Amazon】中学歴史 令和元年度文部科学省検定不合格教科書 竹田恒泰
【Amazon】天皇の国史 竹田恒泰
【Amazon】ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・工作の近現代史 山内 智恵子 江崎道朗
【Amazon】若者に伝えたい英雄たちの世界史 倉山満
【Amazon】経済で読み解く日本史6平成編 上念司
【Amazon】みんな大好き陰謀論 内藤陽介
【Amazon】インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向 江崎道朗
【Amazon】検証 検察庁の近現代史 倉山満
【Amazon】桂太郎-日本政治史上、最高の総理大臣 倉山満
【Amazon】危うい国・日本 百田尚樹 江崎道朗
【Amazon】「新型コロナ恐慌」後の世界 渡邊哲也
【Amazon】日本外務省はソ連の対米工作を知っていた 江崎道朗
【Amazon】トップの教養 ビジネスエリートが使いこなす「武器としての知力」倉山満
【Amazon】天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです・倉山満
【Amazon】日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965) ・内藤陽介
【Amazon】メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本 (PHP新書)・渡瀬裕哉
【Amazon】なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図・渡瀬裕哉
【Amazon】天皇家 百五十年の戦い・江崎道朗
【Amazon】ウエストファリア体制・倉山満
【Amazon】アウシュヴィッツの手紙 改訂増補版・内藤陽介
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★

手紙転生

2022年1月31日【月】15時29分24秒
2005年。
男がいた。
部屋でゴロゴロしながらテレビを見たり、ゲームをしている男がいた。
名を『|高原文徒《タカハラフミト》』と言う。
見た目は何処にでもいる普通の男で、年齢は23歳。
独身でほとんどニートのような生活をしている。
とはいえ決してニートというわけではない。
手紙を届けるという立派な仕事をしているのだ。

ただ、文徒の仕事は少し普通ではなかった。
ただ手紙を届けるというだけではないのだ。
手紙を届ける先が特殊で、普通の人には届ける事ができない相手に届けるのだ。
相手は『死者』であった。
ちなみに、お墓に届けるとかそんな話ではない。
正真正銘『生きている死者』に届けるのが仕事である。

もちろんそんな事、普通の人間にできる訳がない。
文徒だからできるのだ。
文徒にはある特殊な能力があった。
それは『過去の自分に手紙を届ける事ができる』というものであった。

文徒が5歳の頃、切手も貼られていない不思議な封筒が届いた。
宛名には女性の名前、差出人の所にはただ『高原文徒』と書かれていた。
中を開けてみると手紙が入っていたが、当然5歳の文徒には何が書かれているのか分からなかった。
母親に読んでもらった所によると、どうやらそれはラブレターのようだった。
そんな手紙が届いてから10年が過ぎた。
高校生になっていた文徒は、文化祭で他校の女子生徒と出会い一目ぼれをした。
しかし名前だけしか聞けず、その後会う事は無かった。
文徒は忘れられなかった。
思いを手紙に記し、相手の名前と自分の名前しか書かれていない封筒に入れ、それをポストに投函した。
その時、文徒はふと昔の事を思い出した。
投函したものを昔、見た事があったような気がした。
急いで家に帰って机の中を調べたら、10年前に届いた不思議な手紙が出てきた。
それは少し古びれていたが、今しがたポストに投函した手紙と同じだった。
それ以来、似たような封筒が届くようになった。
宛名は有ったり無かったりだが、差出人は全て自分の名前だった。
文徒は内容を見て確信した。
これは未来の自分からの手紙だと。
そしてその手紙に書かれている事から、届くにふさわしい時の自分に届くという事が分かった。
例えば競馬のレース結果が書かれた手紙は、そのレースがある前日に届いた。
『水たまりに注意』と書かれた手紙をもらった次の日には、水たまりで滑って転んだりした。

さて、そんな文徒の元へ、1通の封筒が届いていた。
開けてみると中からは、手紙と1通の封筒が出てきた。
中から出てきた封筒は、文徒が届ける予定の手紙である。
手紙の方には、その届ける予定の手紙を届ける為に必要な情報が書かれていた。
手紙を届ける相手の名前、年齢、住所、電話番号、通っている学校などである。
依頼主は『|川上明子《カワカミアキコ》』で、届け先は一緒に住む娘の『|明菜《アキナ》』だった。
この日はその手紙に一通り目を通し、文徒は一日を終えた。
次の日の朝、文徒は仕事を開始する。
まずは依頼主と送り先である明菜が住む家へと電話をした。
「わたくし桜高校で教師をしております鈴木と申します。今朝早くにこの近くで通り魔事件がありまして、できればお母さんに学校まで明菜さんを連れてきていただきたいのですが」
この時の文徒の仕事は、この電話をかける事だけだった。

この電話一本で、この日登校中にトラックに撥ねられて亡くなる予定だった、明菜ちゃんの命は救われた。
ただその代わり、明菜ちゃんを助けようとした母親はトラックに撥ねられて亡くなっていた。

10年後の2015年、川上明子から依頼を受けたこの年、文徒は川上明菜宛ての手紙を持って、本人を訪ねた。
手紙を受け取った明菜が封筒を開けると、中からは手紙と写真がでてきた。
写真には、スカイツリーをバックに、少し老いた印象の母の姿があった。
【Ξ┃】 【┃┃】 【┃>】
ドクダミ

仮想通貨お賽銭アドレス
サイト運営を応援し賽銭(投げ銭)を投げて下さる方は、投げ銭に関する注意事項を読んだ上、下記仮想通貨を投げ銭する事ができます。

◆ビットコイン◆

◆ビットコイン(SegWit)◆

◆ビットゼニー◆

◆xcoin◇エクスコイン◇イーサリアム◆

xcoin
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト