★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

バス停

2013年1月2日【水】18時39分55秒
私は時々バスに乗るのだけれど、意外とよく見かけるシーンに疑問を感じる。
バスというのは1区間が短くて、正直バス停2,3区間程度なら徒歩する方が良いと思っている。
だから当然私が利用する場合はそれ以上という事になる。
さて私は、少し区間のある場所から乗り込み、目的地である、終点の駅に向かっていた。
そして残り2区間というところでバス停に止まり、数人が乗車してきた。
残り2区間とはいえ、歩いて7,8分の場所である事から、お年寄りやなんかだと利用するのだなと思って見ていた。
ドアがしまり、少し動き始めたところで、1人バスに向かって走ってくるおばちゃんが見えた。
どうやら乗せて欲しいようだ。
凄い勢いで走ってくる。
しかしバスの運転手は無情にも無視して、その人を置き去りにしていった。
これはよく見かけるシーンである。
ただ、優しい運転手なら、止まって乗車させてあげるところだろう。
そんな事も少しは思ったが、私が感じたのは、「そんなに元気に勢いよく走れるなら、この距離なら歩いた方が良いんじゃない?」だ。
普段の私なら、5,6区間でも歩くのだが、荷物が多い時や体調の悪い時には当然バスを利用する。
でも走ってきたおばちゃんは、凄く元気に走っていたわけで、バスに乗る意味が分からないのですが。
そんなに元気なら歩けばいいのにと思ったバス停での出来事でした。
ちなみに帰りもバスに乗ったのですが、私を置いて発車していたバスが、私がゆっくりバス停に立つと、バスを止めてドアを開けてくれました。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト