★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

怖い目にあった!

2013年10月17日【木】10時17分35秒
怖い目にあった。
目が覚めたのは4時41分だった。
すでにそれまでに半分目覚めていたが、夢の中で何かをしていると想像して欲しい。
目が痛かったので、私は執拗に目を触っていたようだ。
触っていると更に痛くなった。
あまりに痛くて、4時41分に完全に目が覚めた。
痛みとしては、目にゴミが入って触っていると余計に痛くなった程度のものだ。
しかしどうも腫れている感じがする。
私は起きあがり、電気をつけて鏡で目を確認した。
すると思ったとおり、目がかなり赤くなり、涙袋は少し腫れているようだった。
よく見ると、まつ毛が一本目に入っていた。
私は必死にそれを取った。
まつ毛はほどなくして取れたが、目には涙があふれ、眼球の白目部分の下半分が膨らんでいるように感じた。
これはまずい。
目の横が少しプックリしていたので、そこをマッサージし、目に触れないようにして再び眠りにつくことにした。
気になっているからなのか、6時頃再び目が覚めた。
電気をつけて再び目を確認する。
腫れ自体はかなりひいていた。
少し安心したが、眼球をよく見ると、やはり一部『みずぶくれ』のように少し膨らんでいるようだ。
なんてこった!
自分の目がなんだか怖い。
針で刺したら水が出てきそうだと想像したら、ますます怖くなった。
私は再び眠りにつくことにした。
興奮しているのか、眠りは浅く、室温は寒いくらいなのに、暑くて8時に再び目が覚めた。
まだ目には違和感が残る。
私は瞼の上から、みずぶくれを押して水を出そうと試みてみた。
すると少し目の違和感が収まった。
しかしそれは、ただみずぶくれが他の白目部分に広がっただけのようだ。
再び違和感が戻ってきた。
私は怖くて再び寝ようと試みたが、暑くて再び眠ることはできなかった。
現在も違和感が残るが、起きて活動していたら、そのうち水も抜けるだろう。
そう決めつけて、私の今日は現在進行形だ。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト