★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

レジ袋

2012年2月7日【火】18時47分47秒
レジ袋が、部屋を占拠している。
そう、私の部屋の1/3は、レジ袋の為にある。
部屋自体が、レジ袋保管庫なのだ。
うむ、これはいかん。
ただでさえ、今のワンルームマンションの賃貸料は馬鹿高いのだ。
そのうち1/3が、人間様が使えないとなると、これはもうかなりの損をしていると言えるだろう。
だから私は考えた。
レジ袋は確かに必要だ。
ゴミ箱に設置したり、偶に雨の日などに大切な物を持ち運ぶ時などに使うから。
しかしドンドン部屋を占拠する様子から、明らかに需要と供給のバランスが悪い事は一目瞭然だ。
それでも捨てるに捨てられない。
なんせ大切な資源を無駄に使って作られているのだから。
捨てられない。
そして場所をとってしまう。
これら二つから、対応策は一つ。
レジ袋を折り畳み、容量を減らして、きちんと整理するしかない。
ナイスな事に、私は頭は悪いけど、手先は起用なのだ。
よし!!
私は気合いを入れて、まずは最近手に入れたであろう手前のレジ袋を折り畳む。
ふふふ、なかなか良い感じだ。
これだけ奇麗に折り畳めば、おそらく容量は現状の1/10以下になるだろう。
さすれば部屋の占拠率は1/30だ。
最近のレジ袋はすぐに奇麗に整理された。
次は、大きなレジ袋に詰め込んで置いてあるレジ袋に手を伸ばす。
詰め込んでいただけあって、少ししわくちゃになって、奇麗に折り畳むには少しテクニックが必要だ。
しかしそこは手先の起用な私だ。
あっさりと、次々に折り畳む。
ふふふ、楽勝楽勝。
さあ、全部折り畳んでやるぜ!!
私はこれから折り畳まれるであろうレジ袋を見る。
・・・
えっと・・・
今折り畳んだのが、100枚くらいかな。
それは部屋にあるレジ袋のごく一部。
今までにかけた時間は、30分くらいかな。
・・・
ざっと見積もっても、全部折っていたら、1週間はかかるのではないだろうか。
私は無雑作に立ち上がり、レジ袋群をつかんでは運び、つかんでは運び、燃えないゴミ捨て場に持っていった。
手元に残ったのは、先ほど折り畳んだ、約100枚。
普通に、これだけ有れば十分じゃん。
部屋はすっきりしたが、気持ちは虚しく、地球には厳しい一時となった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト