★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

萌芽美少女コンテスト

 水着審査が終わり、ここで一次投票が行われた。
 ここでの上位八人が、予選通過者として、決勝に駒を進める事になる。
 結果は、まずまず予想通りの結果だった。
 しかし、大きく予想を覆すところもあった。
 一次投票の順位は、一位が高橋だった。
 これは予想はしていなかったが、或る程度納得できるものだった。
 来年や再来年の美少女コンテストで、同じ結果が出るとは思えないが、高橋は上級生からの支持が絶大だった。
 今年のコンテストに限って言えば、高橋は最強と言えた。
 二位は副会長だった。
 リカちゃんが負けたのは予想外だったが、これはきっと、萌えキャラで票を分け合ったせいだろう。
 これも予想外だったが、分析すれば理解できるところだった。
 三位はリカちゃん、四位は愛美、五位は冷子、六位はヒカル先輩、七位は副委員長と、萌え萌え委員会メンバーが名を連ねていて、これを見ても、やはり票を食い合っている事は明らかだった。
 何とかしなければ、俺たちは負ける、そう思った。
 ついでに八位には、美沙太郎が入っていた。
 これはきっと、コンテストを盛り上げてやろうという、おせっかいな生徒たちが、嫌がらせ八割で投票した結果だろう。
 俺は心の中で、そのおせっかい生徒たちに拍手を送った。
「では、質疑応答を始めます。質問はございますか」
 出場者への質問は、各クラスの委員長、又は副委員長が行う事になっている。
 ただし、出場者のいるクラスの者は、質疑応答には参加できない事になっていた。
 進行係の生徒が、手を挙げている生徒の中から、適当に一人を選んだ。
「皆さんに質問です。好みの男性のタイプは?」
 まあ最初は、当然の質問だな。
「では、予選通過順位の順番でお願いします」
 進行係の言葉に、まずは高橋がこたえる。
「はい。正直な人が好きです」
 高橋はそう言いながら、何故か俺の方を見ていた。
 おいおいおいおい~、俺は決して、正直じゃないぞ‥‥
 でもこの状況は、ぶっちゃけ嫌ではなかった。
「それだけですか?あ、そうですか。では次、お願いします」
 次は副会長か。
 どんな男性が好みなんだろうか。
 しかし一向に、副会長の声が聞こえてこない。
 副会長の口は動いているのに、どういう事だ?
 そう思って見ていると、コメンテーター席の会長が、いきなり通訳し始めた。
「わたくしは‥‥男らしく‥‥ぐいぐいひっぱって‥‥いってくれる人が好き‥‥です」
 大和撫子恐るべし。
 多くを語らない女性って事だろうけれど、少しくらいは喋れよ。
「はい、分かりました。次お願いします」
「はーい!お兄ちゃんです!」
 リカちゃん、嬉しい事言ってくれるぜ。
 でも、このこたえだと、萌える人が限定されそうだな。
 リカちゃんには負けてもらわなければならないが、なんとなく俺の中には、頑張って欲しい気持ちもどこかにあるようだった。
「では次、お願いします」
 いよいよ愛美か。
 でも、愛美が言いそうな事は分かる。
 きっと‥‥
「久弥くんです」
 タイプを聞いていても、愛美はこうこたえる奴なんだよな。
 まあ俺ももし、好きなタイプの女性を聞かれれば、愛美とこたえるだろうけれどね。
「そ、そうですか。暑いっすね。では次‥‥」
 こんな感じで、質疑応答タイムは、滞りなく進んでいった。
「あなたのチャームポイントはどこですか?」
「そうね‥‥乳首かしら?」
 冷子、お前このあいだは、膝小僧だって言っていなかったか?
 それにそんな見えないところ言っても仕方が無いだろう。
 つか、出そうとするな。
「どうして美少女コンテストに出ようと思ったんですか?」
「ふふ‥‥可愛いから?‥‥なんてね。ちょっと‥‥死んだおばあちゃんが‥‥夢枕に立って‥‥出るように‥‥言ってきた‥‥だけよ‥‥ふふふっ」
 いや副委員長、マジで怖いから。
「あなたともし付き合ったら、彼氏にはどんな特典がありますか」
「そうね。膝枕して、耳かきしてあげちゃうわよ」
 ヒカル先輩に膝枕かぁ。
 惹かれる男子生徒は、結構多いのだろうな。
「お前はどうして、こんな所にいるの?」
「それは、僕が魅力的だったんだな。女には負けないんだな」
 いや美沙太郎、そろそろ自分が出場している事自体、否定しようよ。
 こうして、質疑応答の時間は、あっという間に終わった。
 さてここで、コメンテーターによる、各出場者の評価を発表する。
 ここでのコメンテーターによる発言は重要だ。
 みんなが思ってもみなかった利点を指摘したりすれば、当然生徒からの評価も上がるし、逆に良いところが言えなければ、離れる生徒もいるかもしれない。
 高校生とは言え、まだ大人ではない。
 他人の意見に影響される部分も、きっと少なからず有るはずだから。
「ではまず、美沙太郎さんの評価をお願いします」
 順番は、予選順位の低い者から行われる事になっている。
 って、もう美沙太郎はいいよ。
 まずは大和撫子側の、校長が話し始めた。
「お前、見苦しい!」
 校長の一言は、美沙太郎を地獄に突き落とすには十分だった。
 アディオス、美沙太郎。
 もう二度と会う事はないかもしれないが、今度会う時は、女だったらいいな。
「では次、反生徒会側の方、評価をお願いします」
「お前、見苦しい!」
 真嶋先輩も、容赦なかった。
 だけど美沙太郎は、くじけてはいなかった。
 どうやら美沙太郎は、生粋のMのようで、全くショックは無いようだった。
 まあそりゃそうか。
 ペットボトルを投げつけられて、散々罵声も浴びたのに、まだ此処に立っていられるんだもんな。
 俺はほんの少しだけだが、美沙太郎を見直した。
 愛美がいなかったら、俺はもしかしたら、美沙太郎に投票していたかもしれない。
 そんな事も思った。
 この後も、どんどんコメンテーターの評価が発表されてゆく。
「論外だな」
「確かに、こいつは論外だが、良いところも探せばあるはずだ」
 副委員長、散々な言われようだな。
 でも副委員長、こんな時でも笑っているのね。
「何処にでもいる、ただの女子じゃな」
「そうですねぇ。こんなお姉さんがいると、夜は悶々としちゃうかも」
 校長、まあ間違っちゃいないけど、自分の高校の生徒、そんな言い方するなよ。
 俺もまあ、面白くもない、普通のコメントしちゃったけれど。
「何処がどういいのかわからんな。一昨日出直してくるのじゃ」
「冷子の良いところ?無い!」
 校長は相変わらずだし、せめて真嶋先輩、少しくらいは褒めてあげようよ。
「当たってるわね。流石マイダーリン光一先輩」
 お前も納得してるなよ。
 こうしていよいよ、愛美の番がやってきた。
 まずは生徒会長が話し始めた。
「ただのどんくさい女だな。もしかしたらそれも、わざとやって気を引こうとしているのかもしれない。そうなれば腹黒女って事か」
 おいおい、生徒会長がそんな事言っていいのかよ。
 でも、愛美は強くなった。
 そんな事を言われると、今までならきっと、ショックで苦笑いするのがやっとだったはずだ。
 だけど今の愛美は違う。
 本当の笑顔で、軽く生徒会長の言葉を聞き流していた。
 さて、次は俺がコメントする番だ。
 俺は一つ深呼吸してから、愛美の事を話し始めた。
「愛美は、正直昔からどんくさくて、一緒にいる俺は、命の危険を感じる事も多々ありました。だけど、徐々にドジは許せるものへと変わってゆき、周りにいる人達を、笑顔にできる女の子になってきたと思います。まだまだ、完璧な萌えッ子には遠いですが、愛美は俺にとって、最強の萌えッ子です。俺はそんな愛美が、大好きです」
 俺は動揺していたのかもしれない。
 もしくは、真嶋先輩に洗脳されていたのかもしれない。
 原因は分からないが、とにかく俺は、普通では無かったのだろう。
 だからなのか、俺は、自分でも信じられないくらい、普通に想いを述べていた。
 それを聞いた愛美の頬には、涙が一滴流れていた。
 愛美の評価の後は、特に余韻も残さず、次のリカちゃんの評価へと移っていた。
「かわええ子供じゃな」
「お前ら、まさか子供に投票するのか?こんなのに投票したら、ただの変態だぞ」
 真嶋先輩、敵になったら容赦ないな。
 少しくらいは褒めてあげようよ。
 リカちゃん涙目じゃないか。
 ああ可哀相に、後でなでなでしてあげるから、今は我慢してね。
 俺は使えるはずもないテレパシーで、必死にリカちゃんに電波を飛ばした。
 さて次は、副会長か。
「日本の良き女性像、それは大和撫子。男を立て男に尽くす、正に理想の女。君と結婚できたなら、俺は、俺は、必ず幸せにしてみせる!俺と結婚してくれ!」
 おいおい、ただのプロポーズじゃないのか?
 でもこれは、なかなかいい作戦だ。
 周りも祝ってやろと、盛り上がるからな。
「いやよ‥‥」
 ‥‥‥‥初めて副会長の声を聞いたけれど‥‥‥‥
 相当、会長の事が、好きじゃなかったんだろうな。
 俺はあまりの出来事に、副会長の評価を、無意識のうちに話してしまった。
「副会長は‥‥とても美人で‥‥少し冷たく見えるところもあるけれど‥‥実は凄くいい人なんじゃないかと‥‥そんな気が‥‥今しました」
 批判にはならなかったけれど、きっと副会長の優勝は無いと、俺は何故か確信していた。
 そしていよいよ最後の一人、高橋の番がきた。
「‥‥いいんだ‥‥俺なんて‥‥」
 会長は、評価できる状態ではなかった。
 可哀相に、この人はしばらく帰ってこないな。
 俺はそう思ったので、促されるのを待たずに、高橋について話し始めた。
「高橋は、普通にいい子だと思います。萌えもいいですが、普通ってのも、今は評価される時代だし。普通を売りに、芸能界で活躍している女の子もいますからね。でも、俺はやっぱり、愛美がいいかな。だって、愛美は愛美だから」
 ただ、ノロケてしまった。
 高橋には悪いが、応援するわけにもいかないしね。
 俺は少し申し訳ない気持ちで高橋を見た。
 すると何故か、高橋が涙を流していた。
 なんでそうなるの?
 特に悪口を言ったわけじゃないのに。
 観衆からは、ブーイングが巻き起こっていた。
 とにかく、上位四人の評価タイムは、誰かが泣くと言う、波乱の展開となった。
 まず、高橋の涙の意味はわからないが、コレはプラスに働く涙だろう。
 何故なら、観衆から俺に、ブーイングがあったからな。
 次に会長の涙、これ自体はプラスに働きそうだが、副会長のイメージが、一気に崩れてしまったので、票は伸びないと思われる。
 リカちゃんの涙は、同情を誘うものではあったが、真嶋先輩にああ言われては、投票する人も減るのは確実だ。
 で、愛美だけれど、これは微妙かな。
 愛美の一途さに心動かされる人は多いだろうけれど、こういう人気投票で、彼氏がいる事は、やはりマイナスだもんな。
 目の前でイチャイチャされれば、きっと面白くないだろう。
 これは高橋の優勝かな。
 俺はなんとなく、大和撫子側との、二位争いに照準を絞っていた。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト