★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

ミッション

 まず俺は、愛美のところを訪れた。
「愛美、今日はドンドンドジをしていいからな。俺はお前を愛している。何も問題はない」
 と言えと言われたわけだけど、コレがどんな意味を持っているのか、俺には分からない。
「うん、久弥くん、私も愛してるから」
 だけど目の前でモジモジする愛美は可愛いし、俺はこれでいいのだなと思った。
 つか真嶋先輩、俺を萌え殺す気ですか。
「じゃあ、また後で」
 俺がそう言うと、愛美はとびきりの笑顔で、力いっぱい頷いていた。
 次に俺は、副会長を探した。
 副会長は昨年の美少女コンテストの準ミスで、生徒会側のエースである。
 その人に会って、俺は言わなければならなかった。
「好きだ!愛している!」と‥‥
 って、しまった、声が出ていたよ。
 それにしっかり、知らない人に聞かれちゃってるし。
「い、いきなりそんな事いわれても、困ります。それに神田くんって、九頭竜さんと付き合っているんじゃ‥‥」
 よく見ると、同じクラスの女子、|高橋唯々《たかはしゆいゆい》だった。
 高橋の事は、名前が特徴的だったからってのもあるが、たおやかで優雅な容姿が印象的だったので、クラスメイトをあまり覚えない俺でも覚えていた。
 正直、愛美がいなかったら、きっと最初にロックオンしていた女子だろう。
 そんな子に、俺はいったい何を言っているんだ。
 まあ事故だし、愛美もきっと分かってくれるはずだ。
 此処はとりあえず急いでいるし、傷つかないように、適当に対応しておこう。
「俺は確かに、愛美の事が一番好きだ。だけど俺は、愛が溢れている男だからな。想いも言葉に溢れてしまうんだよ。すまないが今の言葉は忘れてくれ。では」
「う、うん。じゃあね」
 高橋の反応が少し気になったが、時間も無かったので、俺は早々に任務に戻った。
 高橋と別れてすぐ、俺は副会長を見つけた。
 今更だけれど、名前も知らない人に告白しろとか、真嶋先輩、このミッションにはどういう意味があるのでしょうか?
 ミッションに関しては、後で愛美にも説明してくれるらしいから、告白自体はかまわないのだけれど、相手が本気にして、うまくいっちゃったらどうするのかね。
「むふふ‥‥」
 俺は無意味と思われる心配をしながら、副会長の前に立ちはだかった。
 副会長は俺の顔を見ると、それはまぶしい笑顔で、俺に会釈をしてくださいました。
 って、日本語がおかしくなっているぞ。
 萌えとは違うが、確かに大和撫子、恐るべし。
 しかしひるんでばかりもいられない。
 俺は副会長の目を見つめ、ゆっくりと伝えた。
「俺、副会長の事が好きです。でもあたなたは美しすぎるのです。もしあなたに、庶民的な萌えがあれば、俺はきっと、あなたの事を本気で愛していたでしょう。だけどあなたには萌えがありません。だから、申し訳ありませんが、俺の事は忘れてください」
 俺がそう言うと、副会長はなにやら複雑な表情に変わった。
 そらそうだろう。
 好きでもない相手から、いきなり告白されて、そしてフラれたのだ。
 ビックリするのも当然だ。
 さて、後はそうそうに立ち去ってしまえば、副会長はモヤモヤして、美少女コンテストどころではなくなるだろう。
「夕日が俺を呼んでるぜ」
 俺はそう言うと、その辺に落ちていた葉っぱの付いた木の枝を口にくわえ、「るるる~るる~」とか歌いながら、副会長の前から立ち去った。
 よし、これで残るミッションは後一つだ。
 俺はミッション対象の、リカちゃんを探した。
 しかし、何処を探してもリカちゃんは見つからない。
 出場者はこの辺りに待機しているはずなのに。
 ミッションの内容は、リカちゃんに負けてもらう為に、「今日は大人なリカちゃんが見たい」と言って、化粧をしてもらう事なんだけれど、これはかなり重要だ。
 なんせ今のリカちゃんは、完全体だからな。
 百点に勝てる答案がないように、今のリカちゃんには誰も勝てない、かもしれない。
 もし勝てるとしたら、トラブルか、それとも誰かの謀略か。
 散々探し回ったが、結局、コンテストの開始までに、俺はリカちゃんに会う事はできなかった。
 どうやら生徒会が、リカちゃんを拉致していたようだ。
 と言っても、飴とか玩具で釣られただけだろうけれど。
 とにかく、これでリカちゃんとは、ガチンコ対決する事になるのかな。
 だが、全力の戦い、望むところだ。
 何故か俺は、自分が出場するわけでもないのに、一人気分を盛り上げていた。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト