★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

出会い

 この話の主人公である高校生「山下豊」は、今日もただただ普通の一日をおくるはずだった。
 普通の一日とは、朝起きて、高校に行って、帰ってきて勉強をする、全くもって普通にしたくない一日だ。
 豊は、特に夢見る少年でもなく、希望も何もない。
 現実的過ぎる男と言えるだろう。
 まっ、それがこの少年の運命を大きく変える事になるわけだが、それは読み進めていってもらえればそのうち分かる事なので、此処ではこれ以上それにはふれない。
 
 
 ごく普通の高校2年生、山下豊は、今日もいつもと同じように、学校へと向かっていた。
 体調も景色も、いつもと何も変わらない。
 違う事と言えば、昨日よりも少し気温が高くなっている事くらいか。
 衣替えの季節はまだ先だけれど、今日は少し暑く感じているようだ。
「ちょっと暑い・・・」
 豊はシャツの胸の辺りをつかんで、前後にあおいだ。
 女性ではないので、こんなしぐさをされたところで、全く何も感じない。
 私がこんなしぐさを一々説明する必要もないと思うが、最初だから描写にも少しだけ力を入れているだけだ。
 豊は肩からかけていた鞄を一旦手にもつと、制服のジャケットを脱いだ。
 これも女性ではないから、思うところは何もない。
 鞄を再び肩にかけ直すと、その鞄を覆うように、ジャケットを鞄にかける。
 少し風が吹いた。
「気持ちいい~」
 今まで暑かったから、少し涼しい空気の流れは気持ちが良いみたいだ。
 豊は笑顔で、再び学校への道を歩きだした。
 通学には、家から駅まで約5分、そして電車で20分、降りてから学校までが15分の合計40分だ。
 往復だと一日1時間20分で、豊にとってはこの時間が、一日の中で、唯一気を抜く事ができる時間だった。
 それ以外は、朝から晩まで勉強勉強、気を抜けない。
 なんて悲しい青春時代なのかと思わなくもないが、豊自身がそうしようとしているわけだから、私にはなんとも言えない。
 豊は一応の目標があった。
 夢と言うには現実的過ぎるし、希望と言うには些細すぎる、小さな目標。
 とりあえず大学に行って、それなりの企業に就職する。
 そして、貧乏でもそれなりに笑顔のある家庭を築いて、80歳くらいで老衰死する事。
 その、なんとも微妙な目標の為に生きている豊にとっては、登下校の時間だけが、生きている感じのする時間だった。
 学校は結構田舎にある。
 だから景色を眺めるのも、豊の楽しみであった。
 昨日今日では、特に変わりはないけれど、自然は少しの変化も豊に喜びを与えていた。
 昨日は太陽が少し雲で隠されていたけれど、今日は雲が見あたらない。
 とか、風も、昨日よりは緑の香りがする、気がする。
 とか、その分甘い香りはおさえられているかな。
 とか、そんな事を考えながら風を追いかけて空を見上げると、空は昨日よりも高く感じられた。
 その高く感じた空を見上げていたら、目の前に、何か黒い物体を捕らえた。
「え?空に何かがいる?そんなわけないか。」
 豊は少し興味をそそられたが、どうせ鳥か飛行機か、別に大したものではないと思ったようだ。
 だがどういうわけか、豊はなんとなくその空にあるものを見続けていた。
 するとそれは、だんだんと大きく見えるようになり、その形が豊の目にもわかるくらいまでになってきた。
「猫?」
 豊から見たその物体は、猫のようだ。
 しかし猫だとは言えない。
 なんせ空を飛んでいるのだから。
 背中には、羽のようなものが見える。
 明らかに猫ではない。
「鳥だな。鳥。僕の知らない鳥だ。」
 流石に頭の固い豊だ。
 どう見ても猫に羽が生えているとしか思えない生き物を、鳥だと思いこんだ。
 でもなんだろうか、一応写真を撮って、後で調べようとでも思ったのか
「携帯!この世に不思議な物はない。調べりゃわかるって話。」
 胸の内ポケットに入れていた携帯電話を探しているようだ。
 しかし胸に内ポケットがない。
 それはそうだ。
 さきほど内ポケットのあるジャケットは脱いでいたのだから。
 豊は慌てて、鞄にかけてあるジャケットの内ポケットを探す。
 慌てているとなかなかうまく見つからない。
 よくあるよね、こんな事。
 豊は尚も慌てていたが、ようやく内ポケットを見つけた。
 手をつっこんで、携帯電話を取り出す。
 素早く折り畳まれている携帯電話を開くと、空飛ぶ猫のような鳥へとカメラレンズを向けた。
「あれ?」
 空を見上げた時、既にそこには空飛ぶ猫のような鳥は、姿を消していた。
「あーあ・・・でもま、鳥以外にあり得ないし、いっか。」
 こんな時の為に、携帯電話にカメラ機能がついているのに、シャッターチャンスを逃してしまっては意味がないなんて豊は思ったが、もう既にどうでもよくなっていた。
 なんとなく見た携帯電話のデータエリアには、テスト撮影した自室の写真が2枚あるだけだった。
 豊は携帯電話をたたむと、手に持ったまま、再び学校への道を歩き始めた。
「ニャー!」
 ふいに後ろから、猫の鳴き声のようなものが聞こえた。
「え?マジで?さっきのはやっぱり猫だったの?」なんて事は一切思わない。
 普通に「猫かな?」と思って、豊は歩みを止めて振り返った。
 そこにいたのは、さきほどの猫のような鳥にそっくりではあるけれど、羽の無い普通の三毛猫だった。
「羽、ねぇよな。当然だな。」
「にゃー」
 しばらく豊はその猫を見ていた。
 人を怖がっている様子がないから、もしかしたら飼い猫なのか、それとも|野良《ノラ》だけど人にかわいがられているのか、豊はそんな事を考えていた。
 あまりにカワイイ顔をした猫だったので、豊は手にあった携帯電話で、無意識のうちに写真に撮っていた。
 すると驚いたのか、猫はシャッターの音がすると同時に、近くの草むらに逃げ込んだ。
「あっ!・・・って、やべぇ!」
 豊は少し脅かしてしまった事を悪く思ったが、そろそろ遅刻しそうな時間である事に気がつき、すぐに猫の事は忘れて、慌てて携帯電話をズボンのポケットに突っ込んで、学校へむけて走り出した。
 豊は結局、学校には遅刻してしまった。
 といっても、朝のホームルーム中に教室に入ったので、勉強には影響が無かった。
 担任の先生に、少し嫌みを言われたくらいで済んだ。
 朝のホームルームが終わり、1時間目の授業までの間、いつもなら予習する時間にあてるのだけれど、豊はポケットに突っ込んだ携帯電話の写真が、少し気になった。
 何故かさっきの猫の事が、頭からはなれなかったからだ。
 豊は携帯電話を取り出して開いてみた。
「えっ!?」
 豊は、携帯電話のディスプレイを見て、驚いた。
 それと同時に、ディスプレイから目が離せなかった。
 豊の様子に関心を向けるクラスメイトもいたけれど、このクラスには、豊と仲が良い友達はいなかったので、特に話しかける人はいなかった。
 クラス替えをして間もない事が、豊には幸いした。
 なんせ、何故驚いたかを聞かれたら、携帯電話のディスプレイに映るものを見られたら、豊には困る事態が起こっていたから。
 先ほど猫を撮ったはずの写真。
 そこにあったのは、カワイイ女の子の姿だった。
 それも裸で・・・
 何が起こったか一瞬理解できない。
 人は考える時、右上だか左上を見ると言われているが、豊の視線の先は当然携帯のディスプレイだ。
 邪念を払い、必死に考える豊。
 友達がネットで見つけた画像を送ってきていて、それを誤って開いてしまったのかとか、携帯電話がウイルスに侵されたのかとか、色々考えた。
 しかし、携帯電話の表示は、明らかに先ほど撮った写真であって、そのおかしな出来事を、豊は事実として昇華できずにいた。
 豊は、とにかく常識人である。
 幽霊や超常現象、UMAやUFOなど、全く信じていない。
 この世で説明のつかないものは、全て否定する人間だ。
 だが事実として、そこにおかしな写真がある。
 豊は、その裸の女の子が可愛かった事もあり、授業が始まるまで、その写真を見続ける事しかできなかった。
 山下豊の携帯電話に、裸の可愛い女の子の写真がぁ!なんて事が起こったわけだが、昼休みを迎える頃には、すっかりそんな事は忘れている豊であった。
 昼休みは、多少気を抜く事ができる時間で、食堂で別クラスの友達と話をしていた。
 前に「気を抜く時間が無い」とか、嘘を言ってすみません。
 会話は、いつもと変わらない、なんの生産性もない、ごく普通の話。
「政治家があれじゃ、経済は良くならないよ。」
「いや、国もそうだが、企業に夢がないんだよ。もっと夢のある商品が必要だ。」
 すみません、また嘘を言ってしまいました。
 全く高校生が普通に話すような会話ではありませんでした。
 とにかく、昼休みには既に、豊かにとってごく当たり前の、普通の日へと戻っていた。
 そして気がつけば放課後、豊は帰宅準備をして、一人家路に向かう。
 別に端折って適当に伝えているわけではない。
 本当に、特に話す事が何もなかった。
 帰り道、朝にあの猫のような鳥と、猫に出会った場所に来ていた。
 流石に不思議な事を信じない豊でも、朝の出来事を思い出さずにはいられなかった。
 豊は立ち止った。
 草むらの方を見る。
 特に何かがあるわけでもない。
 空も見上げてみた。
 そこには飛行機も、鳥も、そしてもちろん猫もいなかった。
「ふっ」
 これが当然だと言わんばかりに、豊はどや顔で、再び家路に向かって歩きだした。
「ニャー!」
 すると朝と同じように、後ろから猫の鳴き声がした。
 これが当然だと言わんばかりの顔をしていた豊だったが、やっぱり何処か期待していたのかもしれない。
 豊は凄い勢いで後ろを振り返った。
 その勢いは、あのゴルゴさん家の13さんが「俺の後ろに立つんじゃねぇ!」と言わんばかりのものだった。
 ベタな展開だと、そんな勢いで振り返ったら「可愛い女の子とキス!」なんて展開になるわけだが、そんな事を夢にも見ない豊の世界で、そんな事が起こるはずもない。
 この世の中、ちゃんと落ち着いて考えれば、全て想定できる事で成り立っているのだから。
 少なくとも豊がそう思っている以上、そんな事が起こる事は、豊の人生ではあり得なかった。
 振り返るとそこには、朝に見た猫がいた。
 豊がなんとなく手を差し出すと、ちょこちょこと歩いて寄ってきた。
 豊の右手をペロペロなめる猫。
 その猫の背中を、左手でなでながら、羽が生えるような余地があるのか見てみる。
 当然、そんな形跡は無かった。
 やっぱりそんなわけないよな、みたいな顔をして、豊は少し安心したようだ。
 豊自身、想定外の事が起こる事に、何か漠然と不安を持っているのかもしれない。
 不安が、夢や希望を失う原因なのかもしれない。
 とにかく豊は、目の前の猫が普通の三毛猫だった事に安心して、普通に猫を可愛がり始めた。
 此処で言う「可愛がる」は、もちろんいじめる事ではないと、一応言っておく。
 豊は、携帯電話を取り出した。
 また写真に撮りたくなったのだ。
 別に、朝の写真の事が頭にあって、やましい気持ちとか、もしかしたらとか思ったわけではない。
 ただ普通に、写真に撮りたいと思った。
 カメラレンズを猫に向けて、豊は携帯電話のディスプレイを見た。
 可愛い猫が映っていた。
「おまえ、可愛いな。」
 豊が発した言葉は、正に本人の素直な気持ちだった。
 ま、可愛い猫を見て「可愛い」と言う事くらい、世間一般世界の常識、当然の発言だ。
 だが、この猫にとっては、それはある意味、魔法の呪文であった。
 ディスプレイに映る猫の姿かぼやけたかと思ったら、次の瞬間には、可愛い女の子がそこに映されていた。
 驚いて携帯電話を横にそらして猫を見ると、そこには確かに猫がいた。
 再び携帯電話をとおして見ると、女の子が映る。
「なんで?女の子なの?」
 豊の発した一言が、再び力となった。
 次の瞬間、ディスプレイに映る女の子が、正にそこにいた。
 豊はうろたえた。
 理由は、猫が人間になったって事ももちろんあるが、やっぱり裸だった事が、豊かに大きなショックを与えた。
 いや、その表現は正確ではない。
 猫が人間になったショックを、忘れてしまうくらいの刺激が豊を襲った。
 10秒ほどうろたえていた豊だったが、ようやくセオリーを思い出し、ジャケットを脱いで、そこにいる女の子にかけた。
 だからと言って、女の子はそれで、ナニやナニを隠す事はしない。
 豊は、持っている勇気を総動員して、ジャケットで前を隠すように引っ張った。
 するとようやく分かったのか、女の子はジャケットの中に丸まった。
 (猫みたいだ。いや、猫だったんだけど。えっマジで?)
 豊はそんな事を考えて、再びパニックになりかけた。
 想定外な不思議な事に、豊は耐性がないのだ。
 だけど、そこにいる女の子があまりにも可愛くて、豊の思考は、再び断絶された。
 ふと、鞄に体操服が入れてあるのを思い出した。
 豊は慌てて鞄の中からそれを取り出す。
 そして、その可愛い子に着るように促した。
 体育の授業は、1週間に4回あるから、こういう展開になる確率は4/6、豊の世界では十分にあり得る事だが、私は「少し都合が良すぎるだろう」と言っておく。
 豊は必死に女の子の裸を見ないように、でもチラチラと見ながら、なんとか女の子に体操服を着せる事に成功した。
 さて、体操服を着てもらったは良いが、此処からどうすればいいか豊は悩んだ。
 (猫ならつれて帰っても問題ないよな?いや、女の子だからまずいだろ。つか猫なら電車に乗せられないよ。待て、女の子じゃないか。)
 本来の豊なら、まずは警察につれていくなり、話をするなり考える事ができたであろう。
 しかし、猫から発せられる「力」が、それを阻んでいる事は、この時の豊には分かるはずも無かった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト