★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

第十六話 薔薇は散る

紫苑軍との同盟期間であった3ヶ月が過ぎた。
こちらとしては再び同盟を継続したかったが、同盟は拒否された。
ただ、口約束ではあるが、できるだけ敵対するのはジーク軍であることで同意した。
全体マップは、既に4軍のみになっていた。
正確には、拠点1つだけの軍が2つと、在野の放浪軍が沢山存在するのだろうが、全体マップでは確認できない。
マップの45%はジーク軍、35%は紫苑軍。15%が我が軍で、5%がダイユウサク軍といったところだ。
ダイユウサク軍は、マップの隅にその領域を持っていて、今までに戦場で艦隊を見たことがない軍だ。
何故この軍がここまで残ってきたのか、俺には不思議だったが、きっと守りが堅いのだろう。
それよりも、2大勢力と対抗する策が必要だ。
だがそれはまだ無いから、とりあえず時間が必要といったところか。
しかし放っておいたら、2大軍はどんどん国力を充実させ、物資や金が増え、ますます手に負えなくなる。
我が軍は黙っているわけにはいかなかったから、常にジーク軍と小競り合いを繰り返していた。
だが、それはなかなか良い戦略だった。
何故ならこちらの秘密兵器だったアレ、「鳳凰の川上り」と名付けたアレが、かなり敵の戦力を削ってくれる。
領域は変わらなかったが、戦力差が開く事は無く、むしろ戦力は徐々に詰まってきていた。
今日も俺はジーク領域内をかきまわしていた。
 サイファ「チマチマやってるけど、これ効果的だよね」
 真でれら「いいね。これを繰り返せば、もしかしたら我が軍の逆転があるかもな」
 LOVEキラ「再び夢みれるね」
拠点を攻撃せず、素通りして今日も撤退だ。
俺達は撤退の準備と、鳳凰発動準備をした。
その時、左から中規模の艦隊が現れた。
 サイファ「今日は逃がさないってか?」
 真でれら「結構な規模だな」
 LOVEキラ「おいおい、ジークの本艦隊だぞ」
 薔薇の貴公子「マジだ。やられにきた?」
現れた艦隊は、ジーク本人の艦隊。
俺は何かいやな感じがした。
 真でれら「問題ないでしょ。鳳凰で突破できないわけないよ」
俺は嫌な感じがしたが、真の言葉で自信を取り戻した。
 サイファ「おけ。俺が突破口を開くから、後ろついてきて」
 LOVEキラ「うい」
 真でれら「おけ!」
 薔薇の貴公子「らじゃ」
俺はまっすぐジーク艦隊に向かった。
後にキラ、真、薔薇さんが続いた。
鳳凰を発動した。
我が艦隊は、ジーク艦隊真ん中に食い込んでゆく。
 LOVEキラ「うは!いいね」
我が艦隊が敵を分断し、キラが追い打ちをかける。
なかなか良い感じだ。
こっちの5,6倍ある艦隊に対して、出来すぎな感じ。
改めてうまくいくと、また逆に不安がでてきた。
何故ジーク本人がでてきたんだ?
鳳凰の強さは、もうわかってるはずだけど。
腑に落ちないまま、サイファ艦隊はジーク艦隊を抜けた。
その時だった。
少しずつジーク艦隊からの攻撃が強くなる。
 サイファ「え?」
俺は鳳凰を発動したままにした。
 LOVEキラ「なんでこれだけの攻撃できる?」
普通攻撃は、後方へ行う事が困難だ。
それは後ろにエンジンがあり、武装が前方による為だ。
それなのに、後方に行った途端、攻撃が一気に強くなった。
俺は敵艦船の形状を慌ててモニタに映した。
 達也「なんじゃこりゃ!」
俺は慌てて指示を出す。
 サイファ「守り固めて全速前進!」
俺の指示に、返事は無かったが皆従う。
それにしても。
敵艦船の形状は、今までに見たことが無い形状だった。
エンジンが前方についており、後方に武装がしてある。
もちろん前方にもそれなりに有ったが、明らかに後方特化。
 達也「新兵器開発してるのは、俺達だけじゃないってか」
きっとジークが開発した、新兵器。
後ろへの強力な攻撃を可能とするなんて、おそらくは鳳凰よりも使用条件は厳しいだろう。
鳳凰なんて、せいぜい5分の無敵状態。それが終われば雑魚艦隊になってしまうのだ。
対してジークのこの兵器。
後ろをとる事で、小が大を食う事が可能なのに、それができなくなれば、数がものをいう。
 達也「こんなの作成できるようにするなよな」
俺は少しクライアントに腹が立った。
しかし、それでもそんな事は言っていられない。
少なくともバックよりは前進の方が圧倒的に早いのだ。
とりあえず、薔薇さんまでがジーク艦隊を抜けた。
ダメージはでかかったが、なんとか突破できた。
俺は息を吐いた。
だが、安心するのはまだ早かった。
ジーク艦隊の半分が、薔薇さんの背後にとりついてきた。
 達也「なんだよ!」
俺は改めてモニタに映し出す。
映し出された艦船は、後ろと前が逆になったような艦船。
 達也「これもかよ」
俺はとにかく逃げなければと思った。
 サイファ「とにかくみんな全速前進!」
 サイファ「俺がギリギリまで押さえる」
みんな余裕がないようで、返事はなかった。
一気に薔薇さんの艦隊が削られた。
 達也「あ」
後方への必殺技。
あの10.2度の奇跡。
この技は結局調整される事はなかった。
何故なら陣形調整だけで、簡単に防ぐ事ができたから。
今では皆知っている事。
でも、後ろからの、後ろへの攻撃では想定しているわけもなかった。
薔薇さんの旗艦が破壊された。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト