★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

第二十二話 終焉そして…

最終兵器の威力は半端なかった。
我が旗艦を含む艦隊と、ジークの本艦隊は、一瞬にして消滅していた。
自分を餌に、ジーク自身を誘き出し、とうとうジークを倒した。
まあ、俺自身も死んでるけど、対策は万全だ。
最初から死ぬ作戦なのだ。
絶対こちらの方が対応が早い。
更にジークは、こんな事が起こる事を想定していなかったかもしれない。
とにかく俺達の対応は早かった。
まずお互いの軍は全て一度バラバラになった。
しかしこちらは、バラバラになるのを想定していたから、直ぐに新たに立ち上げた臨時の真でれら軍に集った。
集まったばかりだと志気が低いが、それでもバラバラの相手よりは遙かに良い。
俺もレベルは半分だけど、真でれら軍に入る。
真は完璧に反撃準備をしていた。
直ぐにリングを取り返した。
無傷の真でれら艦隊は強かった。
敵は全てつかれているか、志気が低いか。
バラバラになったジーク軍をかなりやったところで、ようやく七転八倒軍に集ったジーク軍だったが、俺達の勝ちは揺るぎなかった。
土曜日の夕方には、七転八倒軍の艦隊はほとんど壊滅していた。
まあ、その時こちらもかなり疲弊していたけど、統一は時間の問題だった。
そんな時みつけたのが、ダイユウサク軍の大艦隊だった。

 サイファ「いやぁ~完全に勝ったんだけどな」
 LOVEキラ「ジークには勝ったけど、完全に忘れてたな」
 真でれら「ああ。ダイユウサク軍って、全く今まで戦ってなかったから、戦力たまりまくりだったし」
 今日子「どうして戦わずに済んだんだろう?」
 グリード「わからん。よく考えたら、俺の軍もダイユウサク軍の領域に隣接してたのに、何故か戦闘がなかったからな」
 スーパーモモ「とにかく目立たなかったのが良かったんだねw」
 紫苑「(^0^)」

・・・

まあ、結局ジークに勝ったけど、ボロボロだった俺達は、完璧な状態のダイユウサク軍の艦隊にボコボコにやられた。
10億円はもちろんダイユウサクさんにもっていかれた。
それでも、俺は敢闘賞とかなんとか言われて、100万円は手に入れたけど。
その金は、オフ会を開いて結局飲み食いに使った。
いや、あの時の豪遊は楽しかった。
集まった面子も面白かった。
今日子さんは、実はまだ女子高生だったり、グリードさんはかなりのおじさんだった。
モモさんはネカマだったり、カニさんは結構有名な女優だったり。
でも一番驚いたのが、紫陽花さんが知ってる人だった事。
中学時代の部活の先輩だった。
名前は忘れてたけどね。
まあそんな感じで、楽しい3年間は終わったのだ。
で、今はと言うと、また新しいネットゲームをしている。
宇宙の次は、大陸だった。
宇宙の絆では運良く優勝争いをした俺だけど、今回は弱小軍の下っ端をやってる。
まあそれでも楽しい。
また色々集めては売ったりして金儲けもしてるし。
って俺、戦国時代のゲームで商人かよ!
【<┃】 【┃┃】 【┃Ξ】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト