★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

第六話 痴漢撃退2

詐欺にあった時、騙される側も悪いという人がいるけど、これは間違いだろう。
ただの言い訳、、騙す側の罪逃れだ。
ではイジメは、いじめられる方にも責任があるなんて言うけど、これは?
俺の考えだと、いじめられる側に原因はあっても、責任は無いと思う。
悪いのは騙す方であり、いじめる側なのだ。
それでも、いじめられる人に原因がある以上、結局いじめられるわけで。

俺は、今日も電車で昨日の駅を目指していた。
ノートに何を書こうか悩んで、結局思いつかず、昨日と同じ事を書いた。
すると、文章の一部は違うものの、概ね同じような未来日記ができあがってしまったのだ。
まさか、同じ奴が、また狙われているんじゃないだろうな。
 みかん「可能性は高いんじゃない?あの子、何もいわなそうなのだ。」
確かに、昨日の子が再び痴漢にあう可能性は、極めて高く感じる。
俺は何故か、昨日の子ではない事を祈っていた。
しかし、期待は裏切られた。
昨日の子がいた。
今日は横ではなく、斜め後ろに並ぶ。
電車がホームに入ってきた。
ドアが開いて、昨日と全く同じような光景が目に映る。
降りる人が全て降りると、今日は女の子を追い抜いて電車に乗り、中の人に背中を向けた。
女の子と正面に向かい合う形だ。
 セーラー服「あっ!」
俺の顔を見て、声をだしたけど、すぐに後ろの人に押されて、俺の手の中に収まった。
そこですかさず、日記に書かれていた台詞を言う。
 宗司「この子に何か用ですか?」
俺の目は、女の子の後ろにいる、かなり年輩の男性を見つめる。
てか、睨んだ。
 オヤジ「な、なんだ?俺はまだ何もしてないぞ?」
 宗司「そうですね。まだ、ね。」
俺はまだを強調して言った。
走る電車の中、気まずい。
てか、俺は少し震えていた。
このオヤジの視線が怖い。
でも、視線をそらすわけにはいかない。
一駅は長かった。
オヤジは降りていった。
 宗司「はぁ~」
俺はため息をついた。
一気に気が抜けた。
 みかん「よくやったのだ。これで今日も、ミッションコンプリートなのさ。」
みかんが喜びながら、電車の中を飛び回っていた。
さて、俺は次の駅で降りるか。
俺は降りる準備を・・・
って、俺、ずっとこの子を抱きしめてるんじゃん?
今度は違うドキドキが襲ってきた。
 宗司「あっ、ごめん、抱きしめちゃって。」
これでは、マジで俺が痴漢だと言われても言い訳できねぇ~
 セーラー服「いえ。ありがと、です。」
混みあった車内で、とりあえずそれだけ言葉を交わした。
駅について、俺は電車を降りた。
何故か女の子も。
俺達は向かい合っていた。
もちろん、もう抱きしめてはいない。
ちょっと残念だけど。
って、俺の気持ちを勝手にねつ造して書かないで。
 セーラー服「あ、ありがと、です。」
昨日と同じ状況。
俺はなんとなく、そんな状況をみて、明日も明後日も続くような気がした。
だから、なんとかした方が良いと思った。
 宗司「君、名前聞いても良いかな?ああ、俺は尾北宗司って言うんだ。」
別にナンパしているわけではない。
ただ、都合上、名前は聞いておいた方が良いかと思った。
って、なんの都合上だよ?
 未来「み、未来、双葉未来って言います。よ、よろしく、です。」
ふむ。
何故聞いてしまったのかはわからないけれど、何時までもセーラー服なんて呼ぶのもおかしいよね?
 宗司「ちょっと、お話したいんだけど、ちゃーしばきにいかへんけ?」
これじゃ完璧にナンパだな。
しかも変な大阪弁出てるし。
 未来「は、はい。」
 宗司「じゃあ、とりあえず、駅でようか。」
 未来「コクコク。」
・・・
ナンパって、こんなに簡単にいくものだっけ?
だったら若い頃、もっとやっとくんだった。
俺達は駅を出てすぐのマクドに入った。
まあ、せっかく大阪弁でナンパしたし、ココも大阪呼びって事で。
俺達はドリンクだけ買って、適当な席についた。
さて、どうやって話をしようか。
いきなり聞いても、この子が話してくれるかどうか。
 みかん「でも聞くしかないさ。」
まあな。
とりあえず聞いてみるか。
 宗司「聞きたいんだけど、未来ちゃんって、結構痴漢にあったりするの?」
俺はなるべく優しく聞いた。
 未来「えっ?・・・コク。」
頷いた。
やっぱり。
この子、痴漢されてても、絶対何も言えなさそうだもんな。
 宗司「ずっと?」
 未来「フルフル。」
 宗司「最近になってからって事だね。」
 未来「コクコク。」
未来ちゃんは、俯いたままこたえてる。
かなり、辛かったのだろう。
それに、話すのも嫌だったんだろうな。
俺もいじめられてる時、絶対に人には言いたくなかったから。
特に近しい人には言えない。
ああ、だから他人の俺だから、ココまでこたえてくれたのかもな。
だったら、他人である俺がなんとかしてあげないと。
 宗司「声を上げて、たすけを呼ぶ事もできないか?」
まあ、できないんだろうけど。
 未来「コクコク。」
少し泣きそうな顔になっていた。
 宗司「何か良い方法、考えよう。俺も、できるだけ助けてあげるから。」
俺何言ってるんだ?
助けてあげる?
ノートが無かったら何も出来なかったのに。
俺は自分を心の中で笑った。
未来ちゃんが、潤ませた目で、俺を見つめていた。
やべ、可愛い。
絶対助けてやる。
 宗司「よし。作戦だ。」
俺達は店を出た。
外は既に暗くなっていた。
俺は財布の中身を確認して、デパートに向かう。
俺はデパートで、ある物を未来ちゃんに買い与えた。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト