★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

第十三話 展開と行動

みかんとゆずのレベルが2に上がっていた。
ココまで来るのに一ヶ月を要した。
思っていたよりも早かったが、喜んでばかりもいられなかった。
俺達は今日、朝早くから河崎邸の俺の部屋に集まっていた。
昨日の日記でどうしても見過ごせない事が書いてあったから。
「日本国総理大臣、皆川昇氏の死。」
いよいよ、未来日記が本格的に動き出すのか。
皆川総理大臣なんて、俺は正直死んでもかまわないと思っている。
ここ二年総理を続けていて、なかなか人気の総理大臣だけど、冷静に見れば、結局何もしていない。
税金を上げない。
これだけの事で、国民は皆支持するんだ。
他にもまああるけど、日本の腐った部分に手を付ける事はない。
政治家全てとは言わないが、選挙で勝つ事と、金を儲ける事が最優先なのだ。
国を良くするなんて事を思っている政治家は、もう俺には見えない。
政治家なんて、俺は国民の使いっぱで良いと思っている。
ボランティアでも国を良くしたいと思う人の集まりであるべきだ。
まあ、俺一人が何か言っても、もうどうにもならない世の中だけど。
学生運動とか、大規模なデモなんか、本当はもっとあっても然るべきだと思う。
日本人は平和ボケしたもんだ。
 宗司「平和は、良いことなんだけどなぁ。」
 華「やっぱり平和がいいよねぇ~」
いろいろ政治家批判してみたが、平和である事で、きっと全てが許されているんだ。
平和は、何ものにも代え難い、大切な事だから。
ココだけは、俺も政治家に感謝しないといけないだろう。
 宗司「ところで、未来ちゃん、こんな朝早くから悪いね。」
俺は、朝一の電車でココまで来てくれた未来ちゃんにお礼を言う。
 未来「い、いえ、私は、みんなと、一緒の方が、良いですから。」
確かに、俺達三人のうち一人が、離れた所に住んでるのは、いろいろと面倒だ。
 華「じゃあ、ココに住んだらぁ~?」
・・・やけにあっさりだな。
金持ちとは実に心が大きい。
でも、俺は金持ちを否定してきた。
華ちゃんの両親も、俺が嫌いな金持ちなんだろうか?
この世は金持ちが金持ちになる世界だ。
資金があれば、いくらでも増やす事が可能。
もちろんリスクもあるけど、慎重にやればいけるだろう。
それなのに、金持ちは更に金を欲する。
会社の上層部は、最下層の人達が、どれだけ苦しんでいるかしらない。
もしくは、知っていても、助けるどころか更にその身を削る。
いやだいやだ。
そんな嫌な金持ちの傘の下、俺はノウノウと暮らしている。
やはり、この事にけりをつけたら、俺はココを出るべきだろうな。
 未来「う、うん。でも、いいの?」
 華「いいよぉ~。大歓迎だよぉ~」
 未来「じゃ、じゃあ、お願い、します。」
どうやら、未来ちゃんも、この河崎邸に住む事になったようだ。
自分が住む事は、今否定していたのに、未来ちゃんが住む事には、肯定の気持ちになっていた。
未来ちゃんの家は、あまり裕福ではない。
金持ちがそういった人の生活を助ける。
良い事じゃないか。
勝手な事を思う自分に、苦笑いがでた。
さて、俺は本題を話す事にした。
 宗司「今日集まって貰ったのは、もちろん未来日記の事だ。」
皆真剣に、息をのんで俺を見る。
 宗司「見過ごせない、事が、とうとう書かれた。今日、総理大臣を殺すそうだ。」
 みかん「総理大臣は、日本のボスなのさ。」
何故、日本の総理大臣を殺すのかはわからない。
もしかしたら、俺と同じように、政治に不満があるのかもしれない。
それでも、殺しはダメだ。
カズオが、日本人である事は既に予想できる。
ブログが日本語で書かれているから。
 華「怖い・・・」
 未来「う、うん。」
 ゆず「止めるのですか?」
・・・
どうするべきか。
 宗司「それを今から、話し合いたい。」
 すもも「危険やで。動いたら、うちらの存在がばれる可能性あるからな。」
そう、一度動いてしまっては、もう衝突は避けられないかもしれない。
しかし、人が一人殺されるのを、黙って見ていて良いのだろうか?
おかしいな。
少し前の俺だったら、明らかにこんな考えは無かったはずだ。
逆に、カズオを応援していたかもしれない。
考え方とは、ふとした事で、180度変わるもんなんだな。
 宗司「そこで、まず、未来ちゃんに、その未来を変える最良の未来を調べてほしいんだ。」
未来ちゃんの能力は、既にレベル3、カズオと同等の力を持っているんだ。
そしてそれ以外に、俺と華ちゃんもいる。
こっちの方が有利のはずだ。
 未来「ちょっと、まって、ください。」
未来ちゃんが目をとじて、頭の中で日記を編集してゆく。
ちなみにココ一ヶ月、善意と悪意の日記を、色々とシミュレートしてもらった。
それでわかった事は、善意なら全てを知らずとも、目的を達成する事が可能。
今回の場合はこうなる。
 未来「えっと、17時32分33秒に、赤坂見附駅前246の信号を渡る。これだけで良いみたいです。」
意味が分からなくても、それで達成する事ができる。
これがもし、殺す立場だったら、おそらく皆川総理の予定を把握するのはもちろん、他にもかなりの情報や力が必要だ。
未来ちゃんに、誰かを殺すシミュレートをしてもらっても、実際に実現できそうな事は全く無かったから。
それでも、知ってる俺を殺すシミュレートなら、難しいものの、不可能では無かった。
 宗司「なるほど。未来ちゃんがそこの信号を渡る事によって起こる何か、それによって向こうの計画が崩れるんだな。」
しかし、そんな事を未来ちゃん自ら行っては、かなり危険だ。
 宗司「じゃあ、次は華ちゃん、日記を想像してみて。」
今度は華ちゃんにシミュレートさせる。
おそらくはかなり難しい事になると思うけど、これと未来ちゃん、そして俺のをあわせれば、具体的に何が必要なのかわかるかもしれない。
 華「えっとぉ~、まず、私は赤坂見附に遊びにいくよぉ~。友達を連れてってなってる。で~、カラオケで4時間歌うんだってぇ~」
赤坂見附。
共通している。
 華「歌い終わった後、友達と別れて、渋谷に歩いて向かうんだってぇ~。で、楓屋で、予約していたCD買ってぇ~、あ~そうだぁ~私予約してたんだぁ~」
渋谷まで行ってしまうのか。
 華「後は家に帰って~、ニュースで、総理大臣が出てて、生きてる事を確認して、命が助かった事を知るみたいだよぉ~」
・・・
うむむ。
確か赤坂見附から渋谷まで、国道246号があるんだよな。
もしかしたらその途中で何かがあるのだろうか?
 宗司「じゃあ、俺もやってみる。」
俺がやった場合も、華ちゃんと概ね同じ感じだった。
俺の場合は、渋谷から赤坂見附の方へ、走っているだけ。
おそらくこの間で何かが起こるに違いない。
 みかん「どうするのさ?」
 宗司「ココは、俺だけで行く。」
三人一緒の行動は、おそらくまずいだろう。
それに今回のミッションは、さほど難しくはない。
なんせ、渋谷から赤坂見附まで走るだけだ。
 華「大丈夫かなぁ~?」
 未来「宗司さん、だけ、危険にあうかも・・・」
 宗司「だから、未来ちゃんと華ちゃんは、みんなが無事生き残るように、行動して欲しい。」
そう、たとえ俺が危険な状況になったとしても、二人が生き残れるよう未来日記を作れば、俺は助かるのだから。
 未来「とりあえず、無事に、帰って、来る事は、簡単に、できそうです。」
未来ちゃんがそう言うなら、おそらくは無事戻ってこれるだろう。
少し安心した。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト