★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

第十二話 確認

未来ちゃんだけは、俺達とは違う所に住んでいるから、連絡は電話。
メールの使用は、基本禁止だ。
形として残るものは、使わない。
もちろん、電話も誰かに聞かれる危険があるから、自室で話すのは基本だ。
で、未来ちゃんには当面、三人の安全を任せている。
日記で書くなら、最後に、「俺達三人は、今日も一日無事終えた。また明日だ。良かった。」と書く感じ。
良かったと書くのは、まあ気持ちの問題。
書いた通りになっても、他が最悪だったら洒落にならないから。
さて、今日は昨日仕入れたIDとパスワード、そして未来計画の会員用通信サイトを使って、いよいよ未来日記を見る。
まずはPCを立ち上げる。
別のブラウザ、ネットスケープをインストールし、立ち上げる。
メジャーなIEは使わない。
未来計画通信サイトにアクセス、IDとパスワードを入れた。
入る事が出来た。
ブラウザの中に、別のブラウザが表示された。
今俺は、このサイトサーバーを経由して、どこかのサイトサーバーをクラックしている。
一言で言うと、未来計画の力で、誰かのコンピュータを、勝手に使っている状態だ。
つまり犯罪。
ただ、このホストを持つ国、或いは未来計画の管理者が情報を出さない限り、俺にたどり着く証拠は全く無い。
未来計画管理者は、マジシャンと呼ばれるほどの人物で、警察も密かに追いかけているらしいが、20年捕まっていないようだ。
おそらく日本にはいないと言われている。
だから俺の身は、国家権力と、マジシャンによって守られているのだ。
これで俺はヤフーにアクセスした。
コンピュータを経由している分、アクセススピードが遅い。
でもこうしているから、IPアドレスは別の数字になっている。
他人のコンピュータで、他人になりすましているんだ。
トップページが表示されると、俺は「日記 未来」と書いて、検索を押した。
二日前とは違うキーワード。
今度は五列目に、未来日記を見つけた。
さて、いよいよアクセスだ。
ココまでする必要は、もしかしたら無かったのかもしれない。
身元がわからなくても、こちらを殺る方法は存在するかもしれない。
でも、おそらく俺が用心してやった事は無駄ではなかっただろう。
俺はアドレスをクリックした。
トップページ、サブタイトルに書いてある文字で確信した。
「このページに書いてある事は、必ず実現する。魔女の力によって。」
自信が見える。
少し恐怖を感じた。
最近のブログを見てみた。
株に関係する日記が多い。
基本は、どの銘柄が大きく上がるとか下がるとか。
コメントを読んだら、それが全て現実になっている事がわかる。
おそらく今は、資金集めをしているのか?
古い記事も読む。
 宗司「あっ・・・」
日記の中に、密かに書いてある一文。
「魔女を持つジョニーの死」
前日のブログコメントには、ジョニーと言う名の人のコメント。
コメントを書いたから、IPアドレスがばれたから、身元がばれた可能性がある。
「魔女の力を、悪に使うな。制裁する。」
明らかに、これではばれるな。
人が殺されているのに、俺は安心した。
ココまでやってしまったから、殺されたんだ。
俺はこんな不用意には動かない。
とりあえずは、相手の行動の様子見だ。
そしてこちらのレベルをあげる。
俺は未来日記のブログサイトを出て、ホストサーバーのホームページに移動した。
文字がバグって読めない。
中のイングリッシュの文字をクリックすると、全てが英語表示されたページに切り替わる。
英語でもわからないけど、JOINと書かれている部分を見つけ、登録する。
登録に必要なものは何もない。
それでホストスペースがかりられるのは、何をアップしても良い、サイトの自由性から来る人気。
人気は更により興味を引く内容を生み出し、広告塔としての力もアップする。
ココは完全な無法地帯であるかわりに、爆発的な人気を持つ。
俺はスペースをかりるための手続きを済ませた。
ココを使わずに、全てが済めば良いけど、おそらくいずれは使う事になるだろう。
とりあえず、今はエナジーを集める事による、タイムアップを目指す。
みんなでレベル3になれば、魔女ッ子はお別れとか言っていたから。
みかん達との別れは寂しいけれど、カズオの王国で生きるよりは良いはずだ。
まあそんな事を、カズオが許すとは思わないけど。
 みかん「ん、宗司、もう起きてたのさ。」
みかんが目を覚ました。
今日も俺は、エナジーを集める為に、一日を過ごした。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト