★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

正義か悪か

一週間が経っても、あの蜘蛛を駆除した旅館のオーナーから、料金が振り込まれる事は無かった。
俺は気になって電話したら、蜘蛛が出て、大切なお客を怒らせてしまったと文句を言われた。
だから俺は、こっそりと再びその旅館を訪れていた。
そして、少し疲れるが、旅館内の虫の存在を調べる。
Gやコオロギ等の虫、更にはヤモリ等の生命体は存在したが、蜘蛛は1匹もいない。
蜘蛛が出たなんて、これは明らかに、金を払わない為の言いがかり。
こんな奴がいるから、世の中腐ってくるんだ。
俺は一旦、近くに止めてあった自動車に戻ると、トランクから箱を取り出す。
この中には、大量のGがいる。
俺はまず公衆電話を探して、保健所に電話。
数年前まで、実力派俳優だった俺だ。
少し年輩者を装って喋る。
「あー、今山乃上旅館にきたんじゃが、料理にゴキブリ、部屋にも大量にゴキブリ、あんなので営業させていいのかね?」
うむ、なかなかの演技力だ。
誰が聞いても70歳のじいさんだ。
電話を入れた後、俺は連れてきたGを放す。
命令もしっかりしておいた。
人目につくように、部屋を動き回り、お客が食べようとしている食事に取り付けと。
他にも色々命令したが、それは今後、此処で上手く生き抜く術だから割愛する。
しばらくすると、怒って出てくる客や、怖くて逃げて来たであろう従業員などが見える。
ふふふ、愉快愉快。
更には、今日はこれないだろうと思っていた保健所か、それとも警察か、調査に来たようだ。
電話で確認した時に、悲鳴とか混乱する声でも聞いたのだろう。
後は帰って、山乃上旅館の今日の様子を、どこかの掲示板に書いておけば完璧だ。
俺は自動車に戻ると、自宅を目指して走り出した。
家に戻ると、海外にホストを置く、匿名掲示板に、「山乃上旅館の料理はゴキブリ料理。」とか「寝ている間に、口の中にゴキブリが入った。」とか書いておいた。
まあこれで、俺に金を払わなかった報いは受けるだろう。
悪い奴が得をする世界、そんな世界だけには絶対しない。
頑張る人が、心優しい人が報われる世界を、少しでも俺の力で・・・
次の日のニュースで、山乃上旅館で、ゴキブリ大量発生のニュースが流れていた。
業務改善命令を受け、「元々経営は楽ではないのに、このイメージダウン。おそらくはこれ以上の経営は難しいだろう。」なんて、評論家みたいな人が言っていた。
流石に旅館自体がつぶれたら、従業員などが可哀相だけど、悪の元で働く罪悪感が取り除かれて良いだろう。
俺は適当に納得して、今日も仕事に励む。
「って、特に仕事はないけどね。」
結局する事もなく、ソファに座ってテレビを見続けた。
ニュースは、はっきり言って悪いニュースばかりだ。
良いニュースと言えば、海外で活躍する、スポーツ選手のニュースだけ。
よくもまあ、みんなこんな世界で生きていて、暴動を起こさないものだ。
平和が有るから、全てが許されるのだろうけど、平和も良し悪し。
今、どこかの国のボスが壊れたら、日本なんて絶対太刀打ちできるわけない。
それで皆が良いと思っているなら、自衛隊自体必要無いし、ダメだと思うなら、軍を持つべきだ。
どっちつかずの平和は、ほんと日本人らしいと思うけど。
まあ歴史上、永久に続いた平和は存在しないし、これからもそんな平和は存在しないだろう。
それは、今の世の中を見れば、はっきりとわかる。
戦争をしないと誓った日本が、すでに戦争の手伝いをしているのだから。
それが良いか悪いか、俺が判断できるものではないけれど、少なくとも生きている間は、戦争などしたくないものだ。
だから俺は、悪は栄えないと思える世にするために、少しでも貢献するのだ。
「まあ、うまくまとまったな。」
俺は自分の考えにツッコミを入れて立ち上がる。
隣の部屋のG達に、今日は新しい餌でもふるまってやるか。
Gは害虫だって言うけれど、悪い人間と比べたらよっぽど可愛いし、生きる為に最低限の事をしているだけだ。
人間なんて、必要以上に動物を殺し、そして地球を汚す。
地球と、そして生きとし生ける全ての生物から見て、人間こそ害虫ではないだろうか。
冷蔵庫から、チーズを3箱取り出す。
俺がこれを貰ったとして、喜びなんてほとんど感じない。
でもG達は、凄く喜んでくれるんだ。
自分が人間である事が、少し悲しくなった。
一旦マンションの部屋を出て、隣の部屋の鍵を開ける。
此処をあける時は、周りに人がいない事を確認。
なんせ中を見られたら、大変だからね。
一応いくつか部屋があって、そのうちの一つに集まるようには言ってあるが、排水口へ移動するのが結構いたりするから。
ドアをあけると、排水口へ向かうのと帰ってくるのが、100匹ほど見えた。
これを見たら、普通の人だったら悲鳴をあげてもおかしくない。
俺は靴のまま部屋に上がる。
玄関のドアは閉めて、ちゃんと鍵もかけてある。
確認してから、俺は部屋のドアをあけた。
中には、部屋が真っ黒になる程のGがいる。
普通の人がこれを見たら、おそらく卒倒するだろう。
今ではGが怖くない俺ですら、少し気分が悪くなる。
俺は素早く、用意したチーズの固まりを3つ、部屋の中に置いた。
みんな礼儀正しく、順番に食べてゆく。
俺が教育、と言うか、命令しているとはいえ、コンビニで並ばずにレジで会計する奴より、よっぽど賢く見えた。
部屋のドアを閉めて、俺は玄関を出た。
そして、自室に戻る。
すると電話が鳴っていた。
俺は慌ててテーブルに置いてあった携帯電話をとる。
「はい、もしもし万屋イフです。」
「あー、おまえんとこは、どんな仕事でもするんか?」
偉そうに話す男の声。
ドスがきいてて、いかにも怖そうな感じがする。
俺は慎重に対応する。
「はい、お金と心によって、どんな仕事もいたします。」
「心?なんやそりゃ?」
なんだか嫌な感じがして、緊張してきた。
「それが悪であったり、私が心動かされない事は、たとえどれだけお金をつまれてもできないって事です。」
「ああ、そういう事か。だったら、俺の仕事はうけてもらえそうやな。」
おいおい、勝手に決めてるけど、俺的にはお断りしたいんだけど。
「えっと、とりあえず、お話していただかないと、決めかねるんですが。」
「ああ、仕事内容いってへんかったな。その前に、俺の名前先に言わせてくれや。」
「はい。」
「俺の名前は、暴力団浜崎組の幹部、吉沢源氏や。」
浜崎組と聞いて、俺はビビっていた。
暴力団ってだけでも驚きだけど、今や日本一の組だから。
覚悟して、俺は仕事内容を聞いた。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト