★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

運命の番組

社長室の奥から、まさかの人物が出てきた。
全国最大の暴力団、浜崎組の幹部である吉沢さん。
俺の顔を見た瞬間、吉沢さんも驚いていた。
話を聞くと、浜崎組と銀座興業のつながりは、40年以上になるらしい。
そして現在は吉沢さんが、主に銀座興業とやり取りしているという事だった。
正直この程度の事なら、俺はこの吉沢さんを交えた話に、さほど驚きはしなかっただろう。
だけど俺を驚かせたのは、銀座興業社長が西口悠二のファンで、西口悠二である俺が、自分の事務所以外で売れるのが許せなかったという話だ。
だから、自らの力はもちろん、暴力団浜崎組の力も借りて、俺に仕事がまわらないように工作していたらしい。
これを聞いた時、心の中は流石に冷静ではいられなくなっていた。
だけど、吉沢さんが軽い感じで話しかけてきてくれたので、俺はなんとか余裕を持って話す事ができた。
それにしても、俺がもし南極であのまま死んでいたら、こんな事も知らずに人生終わっていたのか。
本当に世の中腐っているんだなと、改めて思った。
俺は20年ほど前の事を思い出していた。
そう言えば、俺の所属事務所の社長が、俺に移籍する気はないかとか、聞いてきた事があった。
当然俺は、お世話になった事務所を出るなんて選択肢は無かったので、全く無いとこたえたはずだ。
もしかしたらあの時、この人が俺を引き抜こうとしていたのかもしれない、そう思った。
ただ、今更そんな事を振り返っても仕方がない。
俺は迷わず、社長の誘いに「お願いします。」とこたえた。
こうして俺は、いとも簡単に、最大手芸能プロダクション、銀座興業に所属する事となった。

仕事はいきなり入ってきた。
流石に最大手芸能プロダクション、簡単に仕事を持ってくる。
最初の仕事は、テレビCMのメインとしてだった。
先に聞かされた報酬額が、以前の俺の数カ月分のギャラである事に、俺はあきれるしかなかった。
格差社会とか言われているけれど、格差がありすぎると思った。
それでも俺は、俺の全てをかけて仕事に打ち込んだ。
可愛い女子高生二人も、応援してくれている。
カエとメグミとは未だに一緒に暮らしていたが、一緒に食事する機会も徐々に無くなっていた。
月九ドラマのゲスト出演として役をもらった。
クイズ番組の回答者としてテレビにも出た。
そして7月からのドラマの主演まで決まっていた。
そんなある日、やはりと言うべきか、当然と言うべきか、あの山田から電話が入った。
内容は、当然ながら、目立つなという事だった。
しかし俺は人権を主張し、俺を知る人物もいないから大丈夫だと言って、その要求を突っぱねた。
言ってみれば案外うまくいくもので、あの山田もしぶしぶ納得してくれたようだった。
「どうなっても知らんぞ!」
最後は怒鳴られて電話を切られたが。
気分がスッキリしたその日は、7月から出演するドラマの番宣の為、バラエティー番組に出ていた。
番組の宣伝を格好良く決めて、俺は満足していた。
まだまだ俺の事を知る人は少ないが、出演したものはそれなりに好評で、司会をしている人気お笑いタレントも俺を盛り上げてくれた。
後は、ゲスト出演者が座る席に座って、色々な人の芸を見ていた。
時々コメントを求められ、思った事をぶっちゃけて言った。
芸人はチラッと嫌な顔をしていたが、番組としては盛り上がっていた。
そんな番組が終盤にきた時だった。
新人さんいらっしゃいのコーナーで、特に芸人でもなさそうな一人の少年が立っていた。
何かをやれる雰囲気が全く無かったので、逆に俺の気を引いた。
「ではお願いしまっそー!」
司会者のフリを受け、少年は人差し指を立てた。
特に何も起こらないが、俺はなんだか嫌な予感がした。
少年は「おいで!」と一言いった。
特に何も起こらない、そう思った瞬間、沢山のコバエが、少年の指に止まった。
その後少年は、手を振ったり、走ったり、派手に動いてコバエを操っていた。
間違いない。
能力者だ。
俺がいて、メグミがいて、カエがいて。
身近にこれだけいるのだから、他にいても当然だ。
以前そんなにはいないだろうと思った事もあったが、温暖化が進んでいるのだから、今後人数は増える、そう感じた。
結局、この少年のやった事は、どんなトリックでやっているのかなんて言われて、真剣に考える人は少なかった。
色々な動物が人になつく、その程度に考える人も多いのだろう。
数日後には、この番組は問題無く、テレビで放送された。
そしてその日を境に、世界が大きく動く事になった。
そんな日にかかってきた一本の電話は、久しぶりに鈴木からだった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト