★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

中山競馬場

4月18日、日曜日晴れ、皐月賞当日、俺達三人は、船橋法典駅に来ていた。
此処で鈴木と合流して、一緒に中山競馬場へと向かう事になっている。
と言っても、この駅から競馬場へは直通通路があって、この駅が既に競馬場の一部であるように感じるから、競馬場に向かうという表現は、今一しっくりこない。
俺達が乗ってきた電車の次の電車に鈴木は乗っていたようで、すぐに合流できた。
「おはようございます。」
俺はごく普通に、しかし普通ではない挨拶をした。
「あ、おはようございます。」
鈴木はどうやら、少し緊張しているようだった。
こんなに緊張する奴だったかとは思ったが、目の前の鈴木は、まさしく俺の好きな鈴木で間違いなとも思った。
「おはようございます!」
「あ、今日はよろしくおねがいします。」
カエもメグミも少しいつもより硬くなっているが、初めて二人が出会った時ほどではないかなと感じた。
この二人も、成長しているんだなと、何故だか嬉しい気持ちだった。
逆に鈴木は、二人の女子高生に挨拶されて、更に挙動不審になっていた。
ぶっちゃけ「おちつけ!」なんて言いながら背中をたたきたかったが、今は高橋光一だ。
そうしたい気持ちを抑えた。
それにしても、このメンバーは傍から見るとどう映るのだろうか。
父親に競馬場につれてきてもらった、息子と娘二人か。
なんとも仲良し家族だな。
変な想像をして、笑顔が隠しきれなかった。
俺の笑顔を見てか、鈴木もどうやら落ち着いたようで、共に中山競馬場へと向かった。

競馬場内は、人があふれていた。
こんな朝っぱらから、どうしてこれだけの人がいるのかというくらい人があふれていた。
そう言えば俺も、この人たちと同じように、熱い視線で競馬を見ていた事があったのだ。
今日は、鈴木が指定席をとってくれていて、ゴール前の陣取りに奮闘する事はない。
でも、上から見下ろすそこには、30年前の俺がいるようで、少し気分が高揚していた。
不思議な感覚だ。
数年前の俺は、もし此処に来ていても、あのゴール前を見て、こんな思いは抱かなかったような気がする。
とにかく余裕がなかった。
おそらくゴール前を見降ろす余裕さえもなかったはずだ。
何故こんなところに来ているのか、他にやるべき事はなかったのかと、自問自答していたに違いない。
人生は、余裕がないとますます余裕がなくなり、悪いと更に悪くなるものだと、いつのころからか気が付いていたかもしれない。
それでも努力すれば好転させる事もできると思っていた。
まっすぐ誠実に生きていれば、必ず認めてもらえるものだと思っていた。
でもそんな事はない。
俺の人生そのものが答えだ。
毎日努力を続けて、結局こんな人生だったのだ。
それでも今の俺は、あの頃の俺でもないし、努力しなくても幸せを手に入れられる状況にある。
本当に理不尽で、神は無慈悲だ。
俺は苦笑いを浮かべながらも、せっかくだし、楽しまなくてはと思った。
鈴木が二人の女子高生に、競馬新聞を広げて何やらレクチャーしている。
高校生は馬券を買えないが、鈴木がかわりに買ようだ。
さて、俺も予想するか。
少しドキドキしていた。

レースが消化されていくにつれ、二人の女子高生は疲れてきたようだ。
競馬観戦は、序盤とばすと、後半疲れてくる。
朝10時からレースが始まり、最終は16時を過ぎる。
6時間以上も観戦し続けるスポーツなんて、そうそうないだろう。
しかもパドックに移動したり、馬券を買いに行ったりと、移動も激しい。
朝も早いし、睡魔とも戦う事になる。
メインイベントは、その日ある12レースの内、11レース目だから、そこまではゆっくり休日を満喫するのが正しいすごし方だ。
それでも、二人の女子高生からは、それなりに予想を楽しんでいる事も伝わってきたので安心した。
流石に若いという事か。
それから、ちょっと値の張る昼食をすませ、またパドックへの移動、予想、馬券購入、観戦を繰り返した。
そしていよいよ、メインレースの時間がやってきた。
このレース、皐月賞は、俺にとって特別の意味を持つレースだ。
妻の名前をつけたレースに勝った馬、ヴィクトワールピサが出走する。
そして、もしこの馬が勝ったら、俺は鈴木に全てを話すと決めていた。
「ヴィクトワールピサが、断然の一番人気か。」
「ローズキングダムは、新場戦でヴィクトワールピサに勝ってるのですよ。私はこっちに注目してます。」
俺の独り言に、鈴木がこたえてきた。
鈴木の予想は、昔からよく当たる。
ただし、それは今すぐではない。
おそらく今回の皐月賞では、ローズキングダムが1着にくる事はないだろう。
ダービーか、菊花賞か、後にヴィクトワールピサに勝つならそのあたり。
ダービーはローズキングダムから流して買ってみようか、そう思った。
ただ、俺がそう思っている事を、今話す事は出来なかった。
まだ俺が、西口悠二である事を話すとは決めていないし、話していないのだから。
でも、俺にはなんとなく自信があった。
「間違いなく、ヴィクトワールピサが勝ちますよ。」
「自信があるみたいですね。では私もヴィクトワールピサから流してみますか。」
「じゃ、私も!」
「私もそうします。」
いつの間にか話に入ってきてたカエとメグミも、どうやら俺の予想に乗るようだ。
ただし、俺のは予想ではない。
ただの願望と、根拠のない確信なのだけどね。
俺はヴィクトワールピサの単勝に1万円。
オッズは現在2.4倍だ。
当たったとしても、そんなに儲からないが、儲ける事が目的ではないし、コレで良い。
鈴木は、ヴィクトワールピサとローズキングダムの組み合わせ1点買い。
メグミとカエは、ヴィクトワールピサから、いくつかの馬に流していた。
本馬場入場が終わり、GⅠのファンファーレが響き渡る。
これだけは、何度聞いてもドキドキする。
いよいよだ。
このレースは、俺の人生を変えるかもしれない。
いや、間違いなく変えるレースだ。
そのレースが、今スタートした。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト