★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

幸せの再会

3月20日の夜、俺達は部屋に集まっていた。
予選通過に微妙な順位ではなかったが、森学の連中とは、なるべく決勝まで当たりたくない。
何故なら、準優勝でも賞金が貰えるから。
俺個人の意見としては、テレビ局でもドリームダストの二人と会いたいから、是非決勝までいきたいってのが本音だけど。
 大輔「チームの順位はどうなってる?」
 吐息「1位はドリームダスト、2位は私達、ブライトスターが6位に落ちたのさ。」
 大輔「ブロックを外してきたのか?」
1位と5位だと同じブロックになるから、ブライトスターが一度わざと負けて、6位に下げて違うブロックに移動する。
戦略としてはあり得る方法。
 吐息「違うね。4位に入ってきたのがいるのさ。」
まあ、森学がいちいちブロックを外すなんて事をしないのは、前回大会でわかっている。
もっとも前回は、運営側が配慮して、トーナメントを組み替えていたけど、ブライトスターの優勝は少しそのへんで反感をかったからね。
今回は順位によるブロックが、最初から決められているのだ。
他にもあれから色々修正が加わっている。
裏技の方の追尾ミサイルは使用不可能になったし、電磁波をとばせる距離も大幅に短くなった。
大会運用面で最近問題になっているのが、うまい人が上位を独占して、大会に別人を出場させる事。
参加料目的と、上位まで簡単にいかせる事ができるメリットがある。
ぶっちゃけドリームダストの二人が、16機使えば、トーナメント全てを独占する事ができるからね。
登録用パスワードを、他人が使った時の罰則などでは押さえられないので、大会前日に予選通過最終テストバトルがもうけられた。
ココで、順位相当でないふがいないバトルを披露してしまった場合、参加料は貰えない。
判断としては、最低勝利。
相手は、順位で20位以下の人から選ぶらしいから、大敗するような事は普通に考えてありえない。
大敗したら、出場権も剥奪される事があるらしいが、このシステムは今回が初めての変更点なので、どうなる事やら。
とにかく不正する人がいない事を祈るだけだ。
 大輔「で、シングルはどうだ?」
 沙羅「ドリームが1位、ダストが3位、私が5位で、マイヒメが8位ね。」
 乙女「締め切りギリギリに、沙羅が一度負ければ、別ブロックになるねぇ~」
 大輔「だな。沙羅は様子を見て、バトルな。」
 沙羅「了解。」
でもどっちにしても、2戦目で森学のどちらかと当たってしまうから、シングルは厳しい。
賞金獲得には勝つしかない。
 大輔「ダブルは?」
 竜郎「森学のドリームのペアが1位だな。後はダストのペアが10位。大輔のペアが3位で、俺のペアが11位だ。」
 大輔「ココも両ブロックにいるのか。でも、パートナーが新人みたいだから、勝てるチャンスはあるだろう。」
 竜郎「まーな。」
 大輔「一応ブロック分けたいから、竜郎達は最後そのままなら、負けて一順位下げてくれ。」
 竜郎「了解。」
ココは、昨年森学が唯一落とした種目だ。
しかし、今年は1位通過を見ればわかるが、取る気できていると思われる。
ドリームとダストの組み合わせでないのが不思議だけれど、それでも1位とは流石だ。
 大輔「後は、チームダブルか・・・」
森学のチームは2位、俺達のチームが11位。
ココも一度負ける必要がありそうだけど、放っておいてもそのうち下がるだろう。
時間が迫ってきた。
予定どおり、チームダブルの順位は12位に下がった。
これでココは、決勝まで当たらない。
他も順位が少し下がって、調整の必要無く、全てが理想どおりに確定した。
確定した順位は次のとおり。
チームは、1位はドリームダスト、2位は俺達のゴッドブレス、ブライトスターが6位だから、準決勝で激突する。
シングルは、ドリームが1位、ダストが3位、レッドストーンが6位に下げて、マイヒメも9位に下げていた。
ダブルは、ドリームとカズミンのペアが1位、ダストとトゥデイのペアが10位。
ビッグゴッドとレッドストーンのペアが3位で、サウスドラゴンとマイヒメのペアが13位だ。
そしてチームダブルは、ドリームカズミンとトゥデイダストのチームが2位、ビーナスとドラゴンブレスのチームが12位で別ブロック。
概ね合格点。
しかし、ドリームは流石だ。
チームダブル以外は全て1位に入っているし、チームダブルでも2位。
確か後藤夢ちゃんだっけか。
俺達より年下なんだよな。
俺達はなんとなく、去年のテレビ中継の録画DVDを見てから、みんなで雑魚寝した。

今年のゲームイベントは、27日にテストバトル、28日からイベントにあわせて大会が始まり31日に終わる。
そして4日の木曜日に、ゲーム情報番組内で、全ての決勝が行われる。
会場までは1時間半くらいでつくから、俺達は自宅から通う事になる。
27日、俺達全員、テストバトル会場となる、バトルグリード株式会社の本社に来ていた。
対戦が多かったり、複数の種目に出ていたりするから、調整が難しくて待ち時間が長い。
で、俺は待合室で待っているのだけれど・・・
ダストの知里ちゃんだ。
どうやら、相方のドリーム夢ちゃんは、対戦中らしくいない。
 知里「待ってるの面倒だよぉ~」
 今日子「はっはっは、知里はまだいいじゃないか!私なんか2つしかでないんだから、より多い待ち時間があるのだよ!」
知里ちゃんと一緒にいる子の声が大きくて、待合室が少し五月蠅く感じる。
 竜郎「テンション高い子だな。知里ちゃんと一緒にいる子。」
 大輔「そんな子は、どうでもいい。」
 吐息「でも、知里ちゃんとはお友達になりたいんでしょ。」
まあ、ぶっちゃけ、今すぐ知里ちゃんに話しかけて、お友達になりたいと思っているんだけどね。
恥ずかしくてそんな事はできない。
 大輔「はぁ~・・・」
俺は大きくため息をついた。
すると知里ちゃんが、こちらに笑顔を向けてくれた。
 知里「待ってると疲れちゃうよねぇ~」
・・・
え?俺に話しかけてくれてる?
ドキドキ・・・
 大輔「ああ、うん。もう退屈すぎて、欠伸がでちゃうね。」
あれ?俺ちゃんと喋れてるかな?
竜郎が俺を肘でつつきながら、何か言っているみたいだけど、何を言ってるかなんて聞こえない。
 知里「去年、チームダブルで対戦した事、あったよねぇ~」
おお!覚えてくれていた?
 大輔「うん。はっきり言って完敗だったけどね。」
 知里「そんな事ないよぉ~。あの裏技をまだ公開してなかったからだよぉ~。裏技が無かったら、きっと良い勝負だったよぉ~」
・・・
う~ん、いいなぁ知里ちゃん。
 吐息「大輔?生きてる?」
おっとやべ、つい見とれちゃった。
 大輔「そんな事はないよ。でも、今回は、去年より良い勝負できると思うから。」
俺達は1年練習し、研究したんだ。
勝てないまでも、良い勝負できる自信はあった。
 今日子「知里?知り合いなのか?私はあの人知らないよ。えー!私去年寝てたっけ?会場には来てたよね?来てたよね?」
俺の記憶には、この五月蠅い人の記憶は無い。
 知里「いたけど寝てたぁ~のかも。」
 竜郎「へぇ~、去年もいたんだ?あ、俺もいたんだけど、今年も良い勝負しようぜ。」
なんだ竜郎、その五月蠅い女が良いのか?
 今日子「なんだチミは?ん?そっ!その目は!私をナンパしてる?ええ!そうなの?そうなのね?!やっぱり美しさって罪なのね!」
 竜郎「そう、罪なんだよ。だからまずはお友達から、お願いします。」
竜郎よ。
なんだそのベタなお願いは。
もう好きにしてくれ。
 吐息「あ、でも、私も森学の人とは友達になりたいかも。」
ま、まあ俺も、森学って言うか、知里ちゃんと夢ちゃんとは友達になりたいけどね。
 今日子「よーっし!よく言った。友達だろうとマブダチだろうともってけ泥棒コン畜生だ!さあ、呼ぶのじゃ。私の名前は今日子だ!」
・・・偉そうにふんぞりかえってるし。
 竜郎「おお今日子よ。俺の事も竜郎とののしってくれ!」
いいのか?
ほんとうにそれでいいのか竜郎よ。
 今日子「うらぁ!竜郎!なんだ?殴ってほしいのか?それとも蹴ってほしいのか?ぐはははは!!愉快愉快!!」
 知里「今日子、そろそろ私達の出番みたいだよぉ~。えっと・・・」
 大輔「川神大輔18歳です。ヨロシク!」
俺は右手を出した。
 知里「ヨロシクだよぉ~」
握手してくれた。
うう、もう負けても良いかも。
ってか死んでも?
 吐息「はぁ~大輔がこんな奴だったとは。知ってたけどさ。」
少しだけ吐息がすねていた。
 知里「じゃあまたぁ~」
 大輔「うん。またね。」
 今日子「竜郎、ゲーム内でもいじめてあげるからね。期待しててね。ばははーい!」
 竜郎「期待してるよー!」
って、ゲームで負けるじゃんか。
 吐息「じゃあねー!」
こうして俺達は友達になった。
って、本当に友達と言えるかは、これからのがんばりしだいかね。
この後、結局みんな、問題なくテストバトルをクリアした。
全体では、3組ほど負けたようだけど、審査に引っかかって出場を取り消される組はなかった。
こうして俺の幸せな、テストバトルの日は終わった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト