★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

敵は森学だけにあらず

大会3日目は、チームダブルだ。
もっともレベルの高い戦いが見られる、はず。
昨日夜、知里ちゃんと電話で20分くらい喋った。
その時の話によれば、ドリームカズミンは、ドリームダストよりも強いらしい。
もちろんそんな対決は絶対に実現しないわけだけど。
今日は、俺達のバトルが先に始まる。
森学が唯一1位通過していない種目だから。
俺達はまず、5位通過のチームと対戦する。
夏の大会で、俺達が決勝で負けたチームとの再戦だ。
はっきり言って俺達のミスで負けたから、今日はリベンジする気満々だ。
敵の機体は、万能型と万能中長距離型で、勝率が一番安定する組み合わせ。
俺達は、俺と乙女のビーナス、竜郎と吐息のドラゴンブレス。
万能近距離型が二機だ。
勝率に若干むらがあるし、エース沙羅が入っていないけど、これはこれで強い。
沙羅はどちらかと言うと、シングル機が得意だし。
 竜郎「まずはリベンジだぜ!」
 大輔「吐息と組むと、お前強いからな。」
吐息は守りがとにかく鉄壁だ。
馬鹿みたいに攻撃しかしない竜郎と組めば、お互いの欠点を補い合える。
だた、武装が難しいから本当は乙女と組む方が強いかな?
人間的相性が良ければだけど。
ゲームがスタートした。
敵機は離れた位置で様子をみている。
こっちはとにかく接近だ。
近接すれば負ける気はしない。
俺達の機体の後ろを、ドラゴンブレスがついてくる。
攻撃は俺達が一手に引き受ける。
離れた位置からの攻撃なんて、乙女にかかれば簡単にかわせるから。
敵の一機が、近接に切り替えてきた。
こちらもあわせて武器をビームソード二本差し。
両手にビームソード、防御は無しだ。
ただ、竜郎のサウスドラゴンと違うところは、ちゃんと回避する事。
乙女が華麗な回避に集中すれば、そうそう負ける気がしない。
おそらくこれだけなら、夢ちゃんにも負けない。
 大輔「回転!」
乙女が機体をスピン回転させて、敵に近づく。
広げたビームソードが敵機を切り刻む。
離れた位置から追尾ミサイルがとんできたが、ドラゴンブレスが巨大盾で受け止める。
ダメージは受けるが、ほんの少しだ。
その間に、ビーナスは目の前の敵を切り刻む。
 大輔「支援機なんて、支援できなけりゃ無駄なんだよね。」
 吐息「とっとと、終わらせるのさ。」
 竜郎「俺つまんねぇ。」
 乙女「旋風斬!!」
なんか勝手に技名付けてるし。
楽勝とはいかなかったけど、無難に初戦を勝利した。
森学のチームは、圧倒的な強さで勝ち上がっていた。
俺達は2戦目もそこそこ苦労する。
で、準決勝。
相手は予選1位通過のチーム。
少しヲタク系の大人達のチームだ。
見た事はないけど、かなり強い事は間違いない。
予選で唯一森学を上回る成績を収めているんだから。
 沙羅「あの人達、秋葉のバトルグリード直営のゲーセンの常連よ。」
 竜郎「ほう。あの店のメンバーか。」
秋葉原系のゲーマーは、概ね強い人達の集まりだ。
まあ偶にはしょっぱいのもいるけど、この人達はそんな事はありえない。
登録画面、相手の機体を確認。
細かい武装は見えないが、万能型が二機。
破壊力は無いけど、対応力は一番の組み合わせ。
作戦もおそらく豊富で、プレイヤの能力もそのまま勝敗を左右する。
 大輔「森学と同じくらい強いと考えて間違いなさそうだな。」
 沙羅「自分たちの形に持ち込めば勝てる。」
後ろから沙羅が声をかけてくるが、裏を返せば、こちらの形に持ち込めなければ勝てないって事だ。
夏の大会準優勝チームとして、出来る限り抵抗してやるさ。
ゲームがスタートした。
相手は両方長距離戦の形をとってきた。
まあ、こちらが近接格闘が得意なのは、見ればわかるからな。
そして、それで戦っていれば、こちらに勝ち目はない。
 吐息「移動速度では勝てないのさ。」
 竜郎「盾なんてすてちまえ。」
 大輔「そんな事したら死ぬぞ?」
 乙女「なんとか近づくよぉ。」
まあわかってはいるが、作戦はそれしかない。
後ろからドラゴンブレスがついてくる。
これが俺達の戦い方だ。
流石に二機からの攻撃は全てかわすのはきつい。
すこしずつ削られる。
 大輔「この組み合わせの欠点を知ったな。」
 沙羅「まあ、わかっていた事だけどね。」
そういう事。
わかっていたから、対応策もあるわけで。
 乙女「そろそろ行くよぉ~!」
乙女はそういうと、ビーナスのスピードを上げた。
ブーストを利用した、瞬間のスピードアップだ。
多用すると、燃料がきつくなるから使い続けるのはタブー。
でも、接近できればやれる自信はある。
 大輔「吐息も来い!」
 吐息「オッケーなのさ。」
敵機と一気に距離を詰めた。
俺はすぐに、ビームソードの二刀流に切り替える。
スピンを利用して旋風斬!
乙女命名。
しかしかわされた。
読まれてたか。
 大輔「乙女食らいつけ。」
 乙女「りょーかいぃ!」
って、すぐに反撃してきた。
 大輔「近接格闘もつええ。」
 乙女「慎重にいくよ。」
 大輔「ダメだ。逃げられたら終わりだ。」
ココは俺と敵のガチンコバトル。
 吐息「もう一機は任せるのだ。」
機体の右側を敵に向ける。
右側で盾を構え、左手にはビーム銃。
些細な援護だけど、結構助かる。
ちなみに竜郎と俺は左利きだから、左に武器を持つ事が多い。
ってかやりやすい。
さて、この状況なら、俺が目の前の機体を落とせれば勝てる。
しかし伊達に万能機に乗っていない。
近接格闘戦もなれてやがる。
しかもこちらはノーガード。
全てかわすしか無い。
敵はビーム弾をガードで受けながら、こちらにも攻撃してくる。
二人のコンビネーションもなかなかだ。
ダメだ。
このままだと僅差で負ける。
 沙羅「どこかでやるしかないわね。」
 大輔「だな。」
燃料もやばいし、そろそろ勝負だ。
 大輔「乙女、いくぞ。」
 乙女「わかったぁ~」
俺はビームバルカンを撃った。
当たっても対してダメージはないけど、一瞬くらいは動きを止められる。
もしくはかわしてくれればラッキー。
後ろに引いてかわしてきた。
 乙女「旋風斬!」
だから格好悪くね?
前へ加速すると、一気に機体を右に向ける。
スピンして機体が回転。
少し弱いか?
届け!
右が当たった。
後は左が当たれば俺達の勝ちだ!
・・・
かわされた。
後は回転後の隙に攻撃されて負けた。
 大輔「負けたか。」
 乙女「相手の方が、一枚上手だったねぇ~」
 大輔「ああ。」
ドリームダスト以外にも、力を付けてる相手がいるって事だな。
俺はコントローラーをおいて立ち上がった。
その後の準決勝第二戦は、森学ゲーム部が順当に勝ち上がっていた。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト