★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

ライバル一進一退

大会4日目は、人気のドリームダストが出てくる。
そして今日は日曜日。
いやが上にも盛り上がる。
1位通過のドリームダストが、初戦から登場した。
相手は大人の男女。
見た目恋人か夫婦っぽいから、コンビネーションは良さそうだ。
しかし、ドリームダストの敵ではなかった。
開始30秒程度で、ものの見事にあっさり破壊されていた。
部屋のテレビで見ているより、大型モニタで観戦してると、その強さが伝わってくる。
やはりギャラリーが多いのも、臨場感というか迫力を増幅させているように感じた。
今日は警備員も昨日の倍になっている。
関係者の俺達でさえ、知里ちゃんとかには近づけなかった。
一回戦の6戦目、先に対戦するであろうブライトスターが登場だ。
去年の優勝機で、準決勝で俺達が負けた機体。
流石にドリームダストも、今では数回負けてはいるが、最初に土をつけた機体でもある。
このチームの一番面白いのが、戦闘中状況に応じて、攻撃系と移動系を交代するところ。
よくもまあできるものだ。
世間では恋人同士だとか言われているけど、なんにしても息があっているからこそできる芸当だ。
さて、どんな戦いをするのだろうか。
・・・
いたって普通の戦いで、普通に接戦を制して勝っていた。
あまり強く見えなかったのは、俺達が強くなったからだろうか?
まあまだ対戦する迄には一戦あるから、もう一度後で見ればいいか。
こうして一回戦の最終戦、俺達の出番が来た。
 大輔「さあ、絶対勝つぞ。」
 吐息「まあまあ、リラックスなのさ。」
俺と吐息は席についた。
 沙羅「まああんた達なら、大丈夫でしょ。」
 乙女「伊達に予選2位じゃないしねぇ~」
 竜郎「何故お前達が強いのか、よくわからんがな。」
竜郎の言うとおり、俺は誰と組むより吐息が一番息が合う。
沙羅はまあ、単独が得意だからいいとしても、乙女なんかの方が理屈では良いはずだ。
てか、俺と組むより、竜郎と組んだ方が、よっぽど欠点を補い合える。
理屈ではないって事なんだろうけどね。
登録が終わって、機体が表示される。
敵は、ドリームダストやブライトスターと同じ、中長距離機だ。
こちらは、近接格闘と長距離の得意な特殊機。
離れるか、超接近するか。
更に他と違うのは、ガードではなく盾を持っているところ。
俺達の機体は、どちらかというと反主流。
これは、ドリームダストへの挑戦と反感だ。
ゲームがスタートした。
序盤は様子見だ。
相手の出方を見てから考える。
向こうも同じ事を考えているようだ。
 大輔「どうする?」
 吐息「焦る必要ないのさ。残り30秒が勝負なのさ。」
俺達の戦術は、残り30秒に力を集中する事。
まあ別に、それまでに動くなら動いても良いけど、30秒有れば勝てるって事だ。
離れた位置からの攻撃。
当たる訳がない。
しかしこちらは、中長距離などど中途半馬な鍛え方はしていない。
競馬で言えば、2400mから3200mが得意な馬ではなく、4000mが得意な馬なのだ。
様子を見るならそれでも良いが、少しずつ削るよ。
 大輔「そろそろだな。」
 吐息「まあ、我慢できなさそうなのさ。」
まだ1分しか経っていないのに、敵は戦術を変えて近づいてきた。
それでもおそらく中距離狙いか。
でも、向こうから近づく時に、こちらも近づけば、一気に距離は詰められるわけで。
 吐息「ゴー!」
盾を構えてとにかく前進。
距離は中距離から近距離へと一気に詰まる。
慌てて敵が旋回する。
 大輔「馬鹿が!」
いくら近距離が不得手でも、後ろからなら関係ない。
ロックオンせずにビーム砲。
 吐息「でも当たるのさ。」
後は離れる敵に、こちらもバックしつつビーム砲連射。
横道に逃げようとしたところで、追尾ミサイルで決めた。
 大輔「ま、まずは楽勝だったな。」
 吐息「予選通過者でも、弱いのいるのね。」
もしかしたら、誰かうまい人が代わりにやって、予選通過したんじゃないかと思った。

再び、ドリームダストが登場だ。
俺達の戦いなんか比較にならない数のギャラリーが、再び集まる。
しかし開始1分ですぐに勝利して、またすぐギャラリーはいなくなった。
ホント、ちょっと可愛いからって、みんな騒ぎすぎだよ。
・・・
まあ俺も、その中の一人なんだけどね。
 大輔「はぁ~」
 吐息「どうしたのさ?」
 大輔「人気あるなぁ~って思ってさ。」
 吐息「決勝が終われば、私のファンが全国に溢れるのさ。」
・・・
無いな・・・
しばらくして、再びブライトスターが現れた。
おそらくココで勝ってくれば、俺達と対戦する事になる。
相手は予選3位のチームだ。
力は互角だろう。
ブライトスターのバトルが始まった。
 大輔「ブライトスターって、いつも弱気な戦いに見えるよな。」
 吐息「あの達也って人の性格でしょ?」
 大輔「ふむ。」
戦いは、同型機同士の撃ち合い。
見ていて面白いものではない。
 吐息「あっ、仕掛けたのさ。」
ブライトスターが、接近を開始した。
 大輔「やばくね?」
先に動くリスク、何発かビーム砲をくらっていた。
現在その分だけ負けている。
お互い同じ機体なんだから、これはまずい。
腕も敵の方が上に感じる。
 大輔「あっ!」
 吐息「コントローラーを入れ替えたね。」
接近戦になった。
てか近接格闘戦。
ビームソードでの戦いも、敵が有利みたいだ。
そう思った次ぎの瞬間。
爆発音が鳴り響く。
 大輔「え?何が起こった?」
 沙羅「超近距離で、ロケット弾撃ったのね。」
後ろから沙羅が状況を報告してくれた。
 大輔「ロックオンできないでしょ?」
 沙羅「射線さえあえば、当たるわね。大輔の得な技でしょ。」
そうだ。
ロックオンしないで撃つのは、俺の得意技。
基本的には、相手の後ろをとった時に使う。
それも近中距離で使うのが基本なんだけどな。
話してる間に、追尾ミサイルも発射。
近距離での追尾?
 沙羅「これも射線が合えば可能ね。更に電磁波で微調整してるし。」
ブライトスターの、大逆転勝利だった。

次は俺達の二回戦。
相手はさほど強い相手ではない。
まあ、本戦に出てくる機体だから、弱いってわけではないけど、あくまで俺達にとってね。
ゲームが始まる。
相手は近中距離機で、俺達にとって実に相性が良い機体。
普通は、得意で無いところでくる相手は苦手なはずだけど、俺達は自分たちの得意なところにもっていくのが得意だから。
まずは俺達は様子見。
むこうは少しずつ距離を詰めようとする。
俺達は全速で離れる。
徐々に向こうもスピードを上げる。
スピードが速くなってくると、操作も難しくなる。
すると、微妙だけど隙ができる。
まだかなり距離が離れているけど、目視できれば俺達の得意距離だ。
ビーム砲で牽制しつつの追尾ミサイル。
ドリームダストの得意戦術を、超長距離で使う。
少しずつ削る。
すると更に相手は焦り、全速で近づこうとする。
 吐息「いくのさ。」
 大輔「オッケー!」
だから俺達も、一気の接近を試みる。
近距離戦だ。
外れても良いからビーム砲を一発撃って、ビームソードに持ち替えた。
近接格闘戦に持ち込んだ。
後は逃がさないだけ。
逃げるなら、後ろから集中砲火を浴びせるだけだ。
 大輔「さっきのためしていいか?」
 吐息「まあ、良いんじゃないの。」
俺は少しのダメージ覚悟で、機体を正面に向けてもらう。
 大輔「ココか!」
俺は正面に電磁波と、更に追尾ミサイルを発射した。
 吐息「ロケット弾じゃなくて?」
 大輔「あっ!近すぎたかな?」
・・・
爆発した。
どうやら、無事命中して、敵機を落とせたようだ。
とっさに吐息が機体を下げていたようにみえたけど。
 大輔「ナイス!」
 吐息「ナイスじゃないのさ。一緒に爆発に巻き込まれるところだったのさ。」
 沙羅「まあ、勝って良かったね。」
 乙女「そうそう、巻き込まれてもおそらく勝てたでしょ。」
 竜郎「楽勝楽勝。」
とりあえず、準決勝進出だ。
そして次は、去年の雪辱を果たすためのリターンマッチ。
ブライトスターが相手だ。
俺は武者震いした。

準決勝一戦目、ドリームダストはまたも楽勝。
こんな機体に、一体誰が勝ったんだよってくらい強い。
そんな機体に去年勝ったブライトスターに、今から俺達が挑む。
予選通過順位はこちらが上だけど、やたらと本番に強いんだよな。
モニタには、両機体が表示される。
ブライトスターは、俺達の機体を見ても、変更点はなさそうだ。
もちろん俺達も、変更点は無い。
フィールドが決定する。
 大輔「って、さばくぅ!!??」
このところ街ばかりだったのに、この大一番で砂漠とはついていない。
目視回避は不可能。
狙いも定まらないから、追尾ミサイルが最大の威力を発揮する。
 吐息「何言ってるのさ。私達が圧倒的に有利なのさ。」
 沙羅「回避できないマップだけど、防御はできるよね。その盾なら。」
なるほど。
言われてみれば、有利かも。
 沙羅「私が相手の立場だったら、絶対に近接格闘にいくわね。」
だろうな。
撃ち合いだったら、盾持ちのこっちが、圧倒的に有利だもんな。
でも相手はブライトスターだ。
素直にくるだろうか?
機体が表示される。
考えている暇はもうない。
後はその場その場で判断だ。
 大輔「まあ、適当に頑張るぞ!」
 吐息「オーなのだ!」
ゲームがスタートした。
スタート直後、お互い少しだけ距離を詰める。
 大輔「一発!」
俺は追尾ミサイルの射程に入ると、すぐに敵方向に発射する。
ロックオンは必要ない。
なんせココは、視界以外の全ての障害は存在しない。
敵も同じタイミングで追尾を発射していたようで、数秒後のタイミングでこちらに追尾ミサイルが映る。
俺達は盾で防いだ。
微妙だけど、こちらのゲージが少し減る。
しかし、敵のゲージは変わらずだ。
 大輔「この中でかわした?」
 沙羅「いえ、迎撃したんでしょ。」
回避のタイミングは、目視出来る距離が近すぎる為に、まずあわせる事が不可能。
夢ちゃんあたりなら、もしかしたら回避してくるかもしれないけれど、普通はまず無理。
でも、迎撃なら、全く不可能ってわけではない。
 吐息「ビーム砲なのさ!」
おっと、集中しなくては。
ビーム砲が両脇を抜けてゆく。
ロックオンできないから、命中率は極めて低い。
俺はすぐに次の追尾ミサイルを発射する。
そして吐息が、自分の得意距離に距離をあける。
 大輔「って、もう次の攻撃かい!」
吐息がうまく盾で防ぐ。
ダメージって程ではないが、現状負けている事は確か。
 吐息「また外れた?」
 沙羅「迎撃?やるわね。」
連続で防がれるなんて。
 吐息「ビーム砲!」
 大輔「当たるかよ。」
狙いは俺達の移動方向やや前方、吐息は動きを止めて回避。
俺はすかさず追尾ミサイル発射。
動きが止まってる方が、狙いが定めやすいからな。
って、動きを止めて?
吐息は既に得意距離をキープ。
直後盾で防いだ。
 沙羅「またダメージをくらっていない?」
 吐息「何故当たらない?」
 竜郎「迎撃ったって、この砂漠じゃかなりきついだろ?」
確かに三度もかわされるなんて、何かある。
 大輔「って、またビーム砲かよ。」
 吐息「当たるわけないのさ。」
また前方へのビーム砲。
砂漠マップでも、ビームは比較的見えやすいから、注意していればかわせる事もあるし、そもそも当たりにくい。
一応進行を止めて、ビーム砲をかわす。
 大輔「今度こそ!」
って、これか?
俺は追尾ミサイルの発射をやめて、吐息が動き出してから発射する。
直後追尾ミサイルがとんでくる。
 大輔「吐息!」
 吐息「私を誰だと思ってるのさ。」
 沙羅「吐息でしょ。」
 竜郎「吐息じゃん。」
 乙女「吐息だよぉ~」
盾で追尾ミサイルを防いだ。
動きだしのタイミングで、盾で攻撃を防げるのは、おそらく吐息以外じゃほとんどいないはずだ。
再び動き出す。
敵ゲージが一気に減った。
当たった。
やはりそうだ。
ドリームダストが1000連勝目前の頃、マップが砂漠になった。
追尾ミサイルの運任せの戦いが主流の中、ドリームダストは敵を追いつめてから、ビーム砲で牽制し動きを止め、追尾ミサイルを撃たせた。
決まった軌道を通る追尾ミサイルは、簡単にガードで防がれていた。
おそらくは、あれの応用。
ブライトスターは、追尾ミサイルを斬るのがうまい。
まずはビーム砲で牽制し、相手の動きを止める。
瞬時に武器をビームソードに変更。
その頃こちらでは、牽制してきたビーム砲を確実にかわす為に、動きを止める。
 吐息「またビーム砲!」
で、止まってる方が、ロックオンせずにミサイルを撃つにはやりやすいから、俺はこのタイミングで追尾ミサイルを撃つ。
今回は撃たないけど。
吐息が機体を動かした直後に、俺は追尾ミサイルを撃った。
このタイミングで撃てるのは、俺がロックオンせずに狙うのが得意だから。
もし止まったタイミングで撃った追尾ミサイルなら、タイミングも射線も読めるから、おそらくビームソードで斬ったんだ。
最初の一発だけは、迎撃したんだろうけど。
 沙羅「吐息!」
 吐息「楽勝なのさ!」
動き出しにミサイルが来るから、防御は難しいけど、吐息ならいける。
相手のゲージがまた減った。
ロックオンせずに狙える俺と、どんな状況でも防御する吐息、俺達だったから看破できた戦術。
流石にブライトスターだ。
今回の砂漠は、圧倒的に俺達有利だったのに。
俺達はなんとかブライトスターを倒した。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト