★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

知里ちゃんのリベンジ

大会2日目、今日はダブルの大会だ。
夢ちゃんのペアは、あっさりと一回戦を勝っていた。
それにはたいして驚きもないのだけれど、ペアを組んでいるカズミンという機体の動きに驚いた。
強いとか早いとか、そんな事は感じないけど、とにかくうまい。
なるほど1位通過してきた事に、大いに納得した。
で、竜郎と乙女のペアの登場だ。
相手はどこかで見た事が有ると思っていたけど、元森学ゲーム部部長の田中さん達のペアだった。
機体名は、ビューティフルベルとマーチ。
去年ドリームとスターのペアが負けている相手。
 大輔「油断できないぞ。」
 竜郎「まあ、予選4位だからな。普通に見ても俺達より強い。」
 乙女「切り刻むよぉ~」
この二人のペア、正直もったいない組み合わせ。
竜郎は、我がサークルナンバー1の近接攻撃力を誇るし、ナンバー2は乙女だ。
近接バトルなら、おそらく全国ナンパー1ペアになれるかもしれない。
でも、如何せん勝手な二人だ。
チームワークが全くなってないのだ。
ゲームがスタートした。
向こうはスタンダードな戦い方、ビューティフルベルが近づいてきて、それをマーチがサポート。
こっちはただ突撃あるのみ。
 竜郎「うぉぉ!!」
 乙女「邪魔だよ。」
マーチの攻撃が、サウスドラゴンをとらえる。
 竜郎「ちょ、こっちくんなよ!」
 乙女「そっちが邪魔したんだよぉ~!」
全く、全然成長していない二人だ。
それでも一応予選通過した二人だ。
運が良ければ良い勝負するだろう。
二人がかりでビューティフルベルを攻撃する。
ココまで完全に負けていたけど、この状態になれば勝てる可能性が見えてくる。
 大輔「ん?」
 沙羅「マーチが、マイヒメを放置してきたね。」
 吐息「弱点がばれちゃってるね。」
竜郎は、攻撃は強いけど、守りが全くなってない。
それを今二人がかりで攻撃されていた。
 乙女「生き残ってよぉ~」
 竜郎「しるか!俺は攻撃あるのみ!」
直後爆発音が響いた。
惜しかったな・・・
まあ、この微妙なタイミングの差で、いつも勝つか負けるかなんだけど。
ほんの少し、やられるのが早かったようだ。
 乙女「また竜郎のせいで負けたよ。」
 竜郎「ば、ばか。あと1秒粘れたら勝ってた。むしろお前が俺くらい攻撃つよけりゃ勝ってた。」
まあ、そうなんだけど、少しは守ろうよ。
さて、次は俺と沙羅の出番だ。
場所はこのままなので、席を替わる。
 大輔「負けた席かよ。」
 沙羅「実力あるから問題ないよ。」
沙羅は冷めてるというか、落ち着いてますなぁ。
俺は苦笑いしてから、機体の登録を済ませた。
戦術はスタンダードだけど、必ずしもスタンダードではない。
俺の機体は近中距離使用の万能型、レッドストーンは中長距離の万能支援型。
まあ、臨機応変どんな状況でも対応できるペアだ。
ゲームが始まる。
敵は14位通過だ。
相手にならなかった。
俺達の圧勝だった。
その後、ドリームとカズミンのペアは決勝まで勝ち進んだ。
竜郎が負けたビューティフルベルとマーチのペアも、準決勝で簡単に負けていた。
流石に強い。
もしかしたら、ドリームとダストのペアよりも強いかもしれないと思った。
で、俺達の準決勝の相手は、知里ちゃんのダストと、あの五月蠅い今日子ちゃんのトゥデイのペア。
さっき大型モニタで戦いをみていたけど、何故勝ってるのかわからない相手だ。
知里ちゃんのダストは、万能型のスピード重視の機体で、今日子ちゃんのトゥデイは、重装備の鈍重なパワー機。
こんな機体を使う人は見たことがない。
だいたいこれだけの装備を持っていても、動きが遅すぎては使い物にならないと思うんだけど。
 大輔「最初は様子を見よう。で、基本はトゥデイを遠くから削る感じだな。」
 沙羅「私がダストを押さえるから、大輔が削ってね。」
 大輔「オーライ!」
マップが表示される。
街の中に、俺達の機体が映し出される。
カウントダウン。
 大輔「ゴー!」
スタートと同時に、俺は左から進む。
知里ちゃんのダストからは離れる感じだ。
右からはレッドストーン。
 大輔「ダストが正面からまっすぐ来たぞ。」
 沙羅「ふん。後ろにつくよ。」
トゥデイはその場に待機しているような感じ。
そこに俺が左から接近。
その後ろを狙うようにダスト。
さらにその後ろをレッドストーンと言った感じだ。
 沙羅「ちっ!二人でダストやるよ。」
 大輔「そうだな。旋回はしたくないけど、これ以上トゥデイには近寄れない。」
 沙羅「仕方ないわね。」
俺は機体を旋回させる。
ダストからの攻撃が、容赦なく命中した。
 大輔「でもこれで、2対1だ。」
それでもダストが俺の方へと近づいてくる。
 沙羅「後ろががら空きよ。」
ダストの後ろから、沙羅がビーム砲を浴びせた。
それでもダストが接近してくる。
 大輔「こっちは近接でも問題ないよ。」
 沙羅「大輔、後ろ!」
なんと!動いていなかったトゥデイが近づいてきている。
ほとんど動いていないように見えるから、つい忘れてしまう。
右へ旋回する。
ダストからの攻撃が当たる。
 大輔「なんで2対1でやられてるんだよ。」
 沙羅「大輔は態勢を立て直して。私がダストを追う。」
ダストは俺を追いかけるのをやめて、右に旋回。
 沙羅「そこ!」
旋回直後のダストを狙う。
一発あったったか。
 沙羅「って、トゥデイが視界に入った?」
 今日子「待ってましたぁーーーー!!!」
向こうから、今日子の大きな声が聞こえてきた。
信じられない程のミサイルが画面に映る。
追尾ミサイル、ロケット弾、ビーム砲にビーム弾、全てが沙羅のレッドストーンをめがけてとんできた。
 沙羅「きゃっ!」
そのほとんどがレッドストーンに命中した。
 大輔「何故そんなに当たる?」
 沙羅「数が多すぎて、画面が揺れる。」
処理が遅れるのか。
次から次ぎへと新しい戦い方を考えるもんだな。
俺は感心した。
直後、いつの間にか急旋回して戻ってきていたダストに、レッドストーンは斬りつけられて破壊されていた。
 大輔「ふぅ~・・・つええ・・・」
 沙羅「罠にはめられたね。」
沙羅にとっては、シングルの仮をかえされたってわけか。
って、沙羅は知里ちゃんに勝ったんだから、俺があの五月蠅い女に負けたのか?
信じたくねぇーーーー!!
こうして2日目は終わった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト