★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

第一話 姫ちゃん山へピクニック

登場する人物団体は、実在するそれと、一切関係ありませんw
私が適当に書いたものですからぁ~
絵本、四コマ漫画、紙芝居、そんなものを見てる気分で読んでください♪
姫ちゃんのイメージは、学園アリスのほたるですが、性格は全然違いますw


この話は、迂闊でドジっ子の姫ちゃんの日常を描いたものです。


今日は、姫ちゃんとその友達で、お弁当を持って山に遊びに行く事にしました。

 さっちゃん「姫ちゃん、そんなに大きな荷物もってるけど、何が入ってるの?」

 姫ちゃん「電子レンジだよwお弁当には必須でしょ?」

 マリちゃん「山に、コンセント無いよ・・・」

 姫ちゃん「ええ!!お弁当、レンジ調理が必要なのにぃ~」

姫ちゃんは、ちょっぴり天然のおかしな子。

 さっちゃん「み、みんなでお弁当わけてあげるからw」

友達は優しかった。

 かずちゃん「でも、他にも荷物があるけど、何が入ってるの?」

 姫ちゃん「ん?折りたたみの傘だよ。」

カバンをのぞいてみると、折りたたみの傘がいっぱい入っていた。

 さっちゃん「でもさ、こんなにたくさん必要ない気が・・・1本でいいんじゃ?」

 姫ちゃん「だって、大雨って言うから、たくさん必要かと。」

 マリちゃん「そんなに傘させないよね・・・」

姫ちゃん、大雨だと傘がたくさん必要だと思っていたようだ。

 かずちゃん「それに今日、1日快晴だって、天気予報で言ってたよ?」

 姫ちゃん「えっ?でもこの新聞には、歴史的大雨って・・・」

 マリちゃん「それ、去年の新聞だから・・・」

うっかり姫ちゃんだった。

山についたら、姫ちゃん早速、電子レンジでお弁当調理w

 さっちゃん「ええええ!!なんで山にコンセントがあるのぉ!!」

姫ちゃん、結果オーライ!!

 姫ちゃん「あ、カブトムシだ!!」

高速でその虫をつかむ姫ちゃん。

そしてつぶれてしまう虫・・・

 姫ちゃん「このカブトムシのメス、柔らかい・・・」

 マリちゃん「それ、大和Gだから・・・」

 さっちゃん「きゃーーーーーー!!!!」

姫ちゃん、あっさりと害虫駆除に成功!!

レンジで温めたお弁当を食べて、帰る事に。

しかし雨が降り始める。

 姫ちゃん「はい、傘なら腐るほどあるよw」

 さっちゃん「あ、ありがとう~」

 かずちゃん「山の天気は変わりやすいもんね。」

 マリちゃん「流石姫ちゃんw」

こうしてみんな、濡れずに帰る事ができました。
【Ξ┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト