★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

第三話 姫ちゃんテストに挑む

今日は姫ちゃんのクラスで、いきなりテストがあった。

 先生「はい、今日は突然だけど、テストしま~すw」

 みんな「えええ!!!」

 姫ちゃん(ふふふ、慌てるがいい愚民どもw私はとなりのクラスのえっちゃんから情報を得て、準備してきたのだ~!ふはははは~)

 先生「では、用紙を後ろにまわしてねwまだ表に向けちゃダメだよw」

 みんな「ぶーぶー!」

 先生「はい、みんなにまわったかな?では、表に向けて始めていいよw」

 みんな「は~いw」

パサ、パサw

 姫ちゃん(ふふふ楽勝~)「って、えええええ!!!」

 先生「どうしたの姫ちゃん、いきなり大声だしたりして~」

 姫ちゃん「いえ、なんでもないです・・・」(どういう事だ?えっちゃんには漢字のテストだと聞いていたのに、これは算数・・・謀ったなえっちゃん!!)

書き書き・・・書き書き・・・

 姫ちゃん(くっ!どうする?用意していたカンニングペーパーは今や紙くず同然だ。こうしてる間に、ライバル達は次々と問題を・・・って、自力で解くしかあるまい。)

姫ちゃんは名前を書いて、問題を解き始めた。

テストは、マークシートだった。

 姫ちゃん(これはついている。マークシートなら、なんとなくわかれば、正解している確率も高いし、なんとかなるかも・・・)

1問目から、姫ちゃんには解けなかった。

 姫ちゃん(1番簡単な1問目が解けないとは、これはピンチだ!!とりあえずとばして、2問目に・・・)

しかし意外にも、2問目以降の方が、姫ちゃんには楽だったようだ。

 姫ちゃん(ふはは~解ける!解けるぞぉ~!!)

こうして姫ちゃんは次々と問題を解いていった。

 先生「はい、あと5分です~」

 姫ちゃん(楽勝だったな。ふう~終わったw・・・あれ?マークシートの塗りつぶす場所が、後1つあるぞ!!あっ!)

姫ちゃんは、最初の1問目をとばしているのを忘れていたので、塗りつぶす場所を1つずつ間違って塗りつぶしていた。

 姫ちゃん(下からひとつずつ、塗っては消してを繰り返せば、まだ間に合う!)「って、ゲロゲーロ!」

 先生「姫ちゃん、カエルがどうかしたの?」

 姫ちゃん「いえ、ちょっと宇宙人と交信していただけです。」

 先生「テスト中だからほどほどにねw」

 姫ちゃん「はい・・・」(しまった。後ろを振り返るのが嫌いだからと、迂闊にも全部ボールペンで塗ってしまっていた。とりあえず、このボールペンが、消しゴムで消せる、今流行りのボールペンである可能性にかけてみよう。)

ごしごし・・・

 姫ちゃん(やはり見事に違ったか。100円ショップ10本入りのボールペンに、迂闊にもそこまで期待したのは間違いだったな。しかし、この部分、真っ黒になってしまった。しかたあるまい。ここは全部塗ってしまっておこう。)

キーンコーンカーンコーン~♪

 先生「はい、そこまでwでは後ろから集めてね~」

 姫ちゃん「ふっ!後ろはふりかえらないぞ~」

 マリちゃん「涙でてるよ・・・」

 姫ちゃん「ちがうわい。これは汗だい!!」

こうしてテストはおわった。

数日後、テストの結果が発表されたが、予想外に姫ちゃんは100点だった。

最後から二つ目の問題は、超ひっかけ問題で、全部を塗りつぶさなければならない超難問だった。

これを正解したのは、姫ちゃんだけだった。

マークシートのテストって、こういう事ってありがちだよね?(汗)
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト