★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

変化

今日も相変わらず、害虫駆除の依頼を受けていた。
しかし今日のは、今までの仕事とは少し違った。
害虫駆除は害虫駆除でも、蜘蛛の駆除。
まあ蜘蛛程度なら、俺のコントロール能力で、頑張れば駆除する事も可能だろう。
でも、時間がかかるし、なにより生命力を使うのは疲れる。
だから俺は、メグミを呼び出していた。
俺とメグミは、まあ同士であるし、話すと結構気があって、すっかり仲良くなっていたから、呼び方もすぐに変わっていた。
学校が終わる時間に、自動車で迎えに行った後、少し郊外まで車を走らせる。
場所はとある温泉旅館。
なんでも、大切なお客が来るのだけれど、その人は蜘蛛が大嫌いで、絶対に蜘蛛がでないようにしたいらしい。
1時間以上車を走らせ、少し景色が赤く染まる頃、目的地についた。
早速俺とメグミで駆除にかかる。
「蜘蛛の場所はわかるよね?」
「うん。わかるよ。あれ?光一くんもわかるの?」
「えっ?うん。G以外もわかるよ。」
「私わからないよ?」
俺達は、メインで扱える虫が違う。
俺はGで、メグミは蜘蛛だ。
だから俺が意識を繋いで、視覚や聴覚をシンクロできるのはGで、メグミは蜘蛛。
最近はその能力をメグミに教えていたのだけれど、場所関知は俺しかできないのか?
「えっと、生命力をね。広げて・・・」
「生命力って?」
「んー。どう説明したらいいのだろう。」
そこまで話して気がついた。
もしかしたら、操れる虫が違うのだから、能力にも違いがあるのではないかと。
「ちょっと聞いて良いかな?」
メグミが頷くのを見て、そのまま続けて話す。
「メグミは、蜘蛛の操作やシンクロ以外に、何かできるようになった事はあるか?」
するとメグミは、バックからソーイングセットを取り出した。
俺は自分のシャツを見てみたが、特に取れかけているボタンもない。
そうこうしてる間に、メグミはソーイングセットから、ハリと糸をとりだし、俺の目の前に突き出してきた。
「えっと・・・」
俺が、なんの事か分からないという顔をしていると、メグミは一言「見てて」と言った。
どうやらハリの穴に、糸を通そうとしているようだ。
ゆっくりと、ハリを持った手と、糸を持った手が近づいてゆく。
と思った次の瞬間、糸が自らの意思をもって動いているかの如く、ハリの穴へと入っていった。
「なんだ?どうなったんだ?」
一瞬俺は、何が起こったのかとビックリしたが、次の瞬間には理解していた。
その気持ちを察してか、メグミが代弁してくれた。
「どうやら私が得た能力は、糸に関係があるみたい。この前とれたボタンを縫いつけようと思ったら、こんな事になっちゃって、ビックリしちゃったw」
そう言いながら、今度は自分の服の袖についているボタンを一つ、ハサミで切り取った。
ハサミを置き、再び糸を手にする。
すると糸そのものが、ハリの役割もはたしているようで、切り取ったボタンを袖に縫い付けていった。
その光景は、なんとも不思議で面白かった。
「蜘蛛と言えば、糸って事か。」
「うん、そうみたい。」
するとさしずめ、Gと言えば生命力って事になるのかな。
そう考えると、蜘蛛の存在が分かる事も、生命力で何かをコントロールする事も説明がつく。
「で、俺が生命力に関する能力って事か。」
「だね。」
俺達は納得したところで、仕事に取り掛かる事にした。
とりあえず、メグミがつれてきた蜘蛛に命令をして放す。
蜘蛛を持ち歩く事は、俺が勧めておいた。
何かあった時に役立つ事があるかもしれないから。
つれてきた蜘蛛が、他の蜘蛛に命令を伝えている間、俺とメグミは旅館の一室でくつろぐ。
「糸を使って、他に何ができるの?」
俺達は、再び能力の話をしていた。
「んー、まだあんまり試してないけど、ネットをとばして何かを捕まえたりもできるかも。」
「へぇ。そんな事もできるんだ。」
糸が使える事がわかったところで、この短期間に、それほど能力を理解する事はできないか。
「光一くんは、生命力って、何ができるの?」
「そうだな。さっきも言ったけど、生物を感知したり、小さい生物なら動かす事もできるかな。」
「じゃあ、蜘蛛も?」
「まあね。でも命令して、勝手に動くわけじゃなくて、ラジコンで動かす感じ?それに疲れるから、長くは無理だよ。」
その他にも、俺は色々と使える能力をみつけていた。
更には、俺が若返ったのも、死にかけていた命が助かったのも、おそらくはこの生命力の力である事は、間違いないだろう。
でもこのあたりは話せない。
「ほんと不思議だよねぇ。こんな事ができるようになるなんて。」
この話は、もう何度もしている。
それでもやはり不思議だから、つい話してしまうのだ。
「ああ、もしかしたら温暖化への、神からの警告なのかもしれないな。」
「だよね。永久凍土が溶けなかったら、こんな事は起こらなかっただろうし。」
俺達の考えはこうだ。
二人が行った場所が、永久凍土の溶けている地であった事。
俺が未知のウィルスに感染していた事。
同じように神の夢を見た事。
これらを考えるに、未知のウィルスと言うか、未知の生物が永久凍土の中に閉じ込められていたのだが、それが最近の温暖化で解放された。
そしてそれに俺達は感染したのではないか。
感染と言う言葉が正しいかどうかはわからないけれど、その作用で同じような夢を見て、このような能力を得たのではないか。
これはメグミには話していないが、むしろ未知の生物が、俺達の体を乗っ取り、同種の生物の頂点に立っているのではないかとも思っている。
これだけ忠実に命令に従う虫たち、蜂や蟻の世界に存在する習性に似ている、そんな事も俺は考えていた。
それにしてもこんな能力、本来あって良い能力では無いように感じる。
もしこんな能力を持つ者が大量にいたら・・・
「俺達以外にも、この能力を持つ者がいるかな?」
「原因を考えればいるかもしれないけど。」
するとどこからか、誰かの意思が流れ込む。
俺の連れてきたGからだった。
そのGが「仕えるのはあなただけです。」と言っている気がした。
「Gは俺だけだってさ・・・」
「うん。蜘蛛も私だけだって・・・」
俺達の状況から希望的観測をすれば、他に能力を持つ者がいる可能性は、少ないと判断できた。
映画や小説の世界だと、虫それぞれに主がいたりする場合も否定できないけれど、条件としては厳し過ぎるから。
「あっ!終わったみたい。」
メグミの側に、家からつれてきた家蜘蛛が戻ってきていた。
メグミは腰に付けたポーチを開けて、蜘蛛を入れる。
ふと思った。
蜘蛛だから女の子でも触れるけれど、これがGだったらどうなっていたのだろう。
俺だって、前まではGが好きではなかった。
ただ、あの南極で眠る瞬間は、Gも可愛く見えたんだよな。
あんなところで必至に生きる小さな命。
暖かかった。
「メグミは、蜘蛛は怖くないんだね。」
「んー、好きって事はなかったけど、ダニとか食べてくれる益虫だしね。ただ多いと最初は少し怖かった。」
神は言っていた。
「一寸の虫にも五分の魂、助けられたものは、必ずその恩に報いる。」と。
助けるって事は、その虫に少なからず好意をもっている人って事か。
そしてそういう人が、この能力を得るのではないか。
俺はGが好きではなかったけれど、元々殺すのはいやだった。
俺の場合は、相手が何であっても、むやみに殺生したくなかっただけなんだけどね。
「じゃあ、オーナーと話してくるから。」
「私も行くよ。」
俺達は共に部屋を出た。
オーナーと話して、今日の仕事は終了。
料金はすぐに支払う約束だったが、大切なお客様を、無事もてなす事ができればって事で、後日となった。
実際、俺達が何かしている姿を、オーナーが見る事はできないし、信用できないって事かもしれないと、なんとなく思った。
俺達は自動車に乗り込む。
シートベルトをした。
助手席では、メグミがシートベルトをしていた。
「そうそう、今日の報酬は、全部メグミの物だ。」
俺は財布から3万円を取り出し、メグミに差し出した。
「ええ!いいよ。私自身、何もしてなかったし。」
「そんな事言ったら、俺も何もしてないよ。」
「それに、私の相談を聞いてもらったお金も払ってないし。」
「いや、気持ちが楽になったのはお互い様だし。」
・・・
「ぷっ、ははは。」
「はは、へへへ。」
なんだか、お金の事で譲り合っていた自分が、昔の自分からは想像できずに、笑ってしまった。
なんせ、その日生きるのも辛いくらい、貧乏していたからな。
「じゃあ、半分はメグミので。これ以上は譲れないよ。」
「わかった。」
「てか、メグミもこれから一緒に仕事しないか?二人でやれば、何かもっと面白い事できるかもしれないし。」
「うん。いいよ。」
あっさりと了解された。
「でも、高校生だから、その、空いた時間でできる範囲でいいからな。」
「わかってるよ。」
俺は車を走らせた。
既に辺りは真っ暗だった。
愛須家についたのは、夜の9時頃だったが、特に問題はなさそうだった。
最近の女子高生って、9時に帰っても何も言われないのか?
少し不安になった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト