★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

夢再び

気がつくと、俺は病院のベッドの上で寝ていた。
腕には点滴用の管が繋がれていた。
鈴木の死は夢だったと思いたかったが、寝ていた病院が、鈴木の搬送された病院だった事から、夢では無かったのだと悟った。
医者に、もう少し寝て行くように言われたが、俺は断って病室から出た。
病院で寝ている場合ではない。
鈴木は誰かに殺されたのだ。
拳銃で撃たれたと言っていた。
俺はこの犯人を見つけ出し・・・
どうするつもりだ?
仇を撃つに決まっている。
俺は早足で、病院の廊下を歩いた。
すると俺が寝ていた二つとなりの病室から、大きな声が聞こえてきた。
ドアが開いていたので、俺はなんとなく覗いてみた。
ベッドの上では、高校生くらいの男の子が暴れていた。
「大丈夫よ!記憶が無くても、お母さんがちゃんといるから。」
母親らしき人が、息子であろうベッドの上の少年に、必死に訴えかけていた。
どうやら、あの少年は記憶喪失のようだ。
なんとなく、俺は生命力を使って、彼を治せないか調べてみた。
駄目だな。
体の生命力は失われていないが、何故か心が完全に閉じている。
生きていても、生きる気力がないようだ。
なんだよ。
せっかく生きているのに、魂は生を拒むのか。
だったらその体、鈴木に・・・
そこまで思って涙がでそうになったが、自分も死のうとした人間だった事を思い出した。
「そっか。この少年も俺と同じか。」
他人の事は言えない、俺は失笑した。

車に戻ると、俺はとりあえず自宅マンションに向かった。
とりあえず全てのGを総動員して、犯人を探す為だ。
山瀬さんや、吉沢さんにも協力してもらおう。
絶対に見つけてやる。
だが、気合とは裏腹に、少しめまいがする。
医者に寝て行けと言われたくらいだし、さっきまで点滴を受けていた身だ。
やはりかなり疲れているようだ。
そこで思いだした。
先日鈴木と会った時、「疲れたらこれを打つと楽になるよ。単なる栄養剤だけどね。」なんて言って、鈴木が車の中に置いていったペン型の注射器の存在を。
鈴木の会社は、健康食品、サプリメント、グッズを製造販売している会社だ。
だからこれが会社の製品であるならば、この疲れを癒す助けになるはずだ。
「鈴木は死んでも俺を助けてくれるのか。」
俺は信号待ちをしている間に、左腕に注射を打った。
それから1時間ほど運転していただろうか。
俺は意識がもうろうとしてきた。
鈴木から貰ったペン型注射器を打っても、疲れは一向にとれる気配は無かった。
もう運転もできないと思った俺は、車を止めて少し眠る事にした。
俺は適当なところに車を止めた。
すると、すぐに意識は無くなっていった。

夢を見ていた。
何処からか声が聞こえる。
「力になるよ。」
ありがとう。
「なんでも言ってね。」
でもどうして?
「それはね・・・」
ハッと目が覚めた。
なんだろうか、今の夢。
以前見た、あの時の夢に感覚が似ている。
南極に行った後、病院で目覚めた時に見た、あの夢だ。
あの時とは言葉も違うし、神もいなかったが・・・
俺は再びハッとした。
辺りは既に暗くなっていた。
ずいぶんと眠っていたらしい。
運転席の前のところに置いてあった携帯が、チカチカと着信アリを主張している。
携帯の着歴を見ると、銀座興業やらテレビ局やら、沢山の着信が入っていた。
何も言わず、全ての仕事をばっくれてしまった。
一応話しておくべきか。
俺は銀座興業マネージャーの携帯に電話を入れた。
マネージャーは怒っていたが、倒れて病院で寝ていたと言ったら、今度は逆に気遣ってくれた。
体調が悪いので、しばらく休めないかと言ったら、調整してみるとの事で、一旦電話を切った。
とりあえず、まずは自宅マンションに戻ろう。
着信に、メグミの名前もあったので、二人も心配しているに違いない。
ニュースで鈴木が死んだ事も、もしかしたら知ったかもしれない。
俺は早く戻らないといけないと思った。
体調はずいぶんと良くなっていた。
鈴木のあの薬が効いてきたのだろう。
この分なら、後30分もあれば、自宅につくはずだ。
俺はアクセルを踏みこんだ。

ようやく自宅に帰ってきた。
実に24時間ぶりの帰宅だ。
二人には心配をかけてしまった。
きっと、俺に気を使って、元気づけようとしてくれるのだろう。
いや、もしかしたら、一緒に悲しんでくれるのかもしれない。
最高の親友を無くして、俺は一瞬我を忘れそうになったが、二人の存在が、まだ俺を、正常な俺に繋ぎとめてくれているのかもしれない。
早くふたりの顔が見たくなった。
俺はエレベーターを降りると、ドアの前まで走っていった。
いや、走っている途中で気がついた。
俺の部屋のドアが、開け放たれたままだった。
俺はそのままの勢いで部屋に飛び込んだ。
中を見た俺は唖然とした。
部屋は争った後のように荒れていて、二人の姿はそこには無かった。
テーブルには、一枚の紙が置いてあった。
俺は慌ててそれを手に取った。
紙には、「戻ってくるように。山田。」それだけが書かれていた。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト